アート / ライフ

Posted on 2016-12-09
特別展「茶の湯」 名品で日本の美の源泉をたどる




 


国宝 油滴天目 中国・建窯 南宋時代・12~13世紀 大阪市立東洋陶磁美術館蔵 


東博37年ぶりの展覧会
茶の湯の名碗など茶道具を一堂に集める、その名も特別展「茶の湯」が、2017年(平成29年)4月11日(火)から6月4日(日)まで、東京・上野の東京国立博物館・平成館で開催されます。

東京国立博物館では1980年の「茶の美術」展以来、37年ぶりとなる茶の湯の展覧会です。室町時代の将軍家から千利休、古田織部、小堀遠州、松平不昧(ふまい)、そして近代の茶の湯まで、各時代を代表する名品を通じて、日本の美の源泉をたどります。

長い年月をかけて発展し、日本固有の文化になっている「茶の湯」にふれる格好の機会です。

特別展「茶の湯」
会期
 2017年(平成29年)4月11日(火)から6月4日(日)まで
会場 東京国立博物館 平成館
観覧料 一般1600円(1400円/1300円)、大学生1200円(1000円/900円)、高校生900円(700円/600円)、中学生以下無料
※( )内は前売料金/20人以上の団体料金。


国宝 紅白芙蓉図(左が紅芙蓉、右が白芙蓉) 李迪筆 中国 南宋時代・慶元3年(1197) 東京国立博物館蔵(展示期間:5月23日~ 6月4日)


 

重要文化財 青磁輪花茶碗 銘 馬蝗絆 南宋時代・13世紀 東京国立博物館蔵


 

国宝 志野茶碗 銘 卯花墻 美濃 安土桃山時代・16~17世紀 東京・三井記念美術館蔵








■■■■たくさんのご応募ありがとうございました。締め切りました。特別展「茶の湯」招待券プレゼント■■■■


開催を記念して、特別展「茶の湯」の招待券を、Media & Communication読者の5組10名様にプレゼントいたします。

以下のフォームより、お名前、メールアドレス、ご住所をお書きになり、ご応募ください。

締め切りは、2017年(平成29年)4月10日24時です。


※Media & Communication のプライバシー・ポリシーはこちらをご覧ください。

Posted in アート, ライフ | Comments Closed

Related Posts