アート

Posted on 2016-12-12
中野京子の大ベストセラーが美術展に 「怖い絵展」兵庫と東京で




 



2017年(平成29年)7月22日(土)から9月18日(月・祝)まで兵庫・神戸の兵庫県立美術館、同年10月7日(土)から12月17日(日)までは東京・上野の上野の森美術館で、「怖い絵展」が開催されます。

本展は、ドイツ文学者・中野京子が2007年に上梓した書籍『怖い絵』の第1巻が刊行されてから10周年を記念して開催するものです。

同書は、「恐怖」をキーワードに、西洋美術史に登場するさまざまな名画の魅力を読み解く本としてベストセラーを記録し、多方面で大きな反響を呼びました。

本展覧会では、シリーズで取り上げた作品を筆頭に、「恐怖」を主題とする傑作が選び出され、テーマごとに展示されます。

視覚的に直接「怖さ」が伝わるものから、歴史的背景やシチュエーションを知ることによって初めて「怖さ」を感じるものまで、普段私たちが美術に求める「美」にも匹敵する「恐怖」の魅惑が余すことなく紹介される、今までにない展覧会です。


怖い絵展
〈兵庫会場〉
会期
 2017年(平成29年)7月22日(土)から9月18日(月・祝)まで
会場 兵庫県立美術館

〈東京会場〉
会期
 2017年(平成29年)10月7日(土)から12月17日(日)まで
会場 上野の森美術館



Tags:
Posted in アート | Comments Closed

Related Posts