マーケティング

Posted on 2017-01-13
アイセイ薬局 店舗内デジタルサイネージ全国672か所へ拡大







 アイセイ薬局の「ヘルス・ディスプレイネットワーク」


アイセイ薬局は2015年からデジタルサイネージを活用した健康情報の拠点事業「ヘルス・ディスプレイネットワーク」を運営しています。

これは全国316店舗の直営薬局にデジタルサイネージを設置し、健康情報を提供するほか、ヘルスケア関連企業がマーケティング・プロモーションツールとしても活用できるメディアです。

このほどアイセイ薬局は、メディアコンテンツファクトリーと広告メディアサービスについての業務提携を行い、両社が保有するサイネージネットワークを統合し、2017年2月から運営をスタートさせます。これによって、デジタルサイネージの設置場所は全国672か所、年間延べ1340万人にリーチするメディアとなります。

アイセイ薬局はこれまでも、オウンドメディアである「ヘルス・ディスプレイネットワーク」を積極的に運営してきました。

オウンドメディアを活用してマーケティング施策を展開する企業はたくさんありますが、自社商品・サービスの認知拡大や販促キャンペーンなどに利用するケースがほとんどです。

一方、アイセイ薬局の「ヘルス・ディスプレイネットワーク」は、関連企業がプロモーションを展開できるメディアとして運営されているのが特徴です。

今回の業務提携によって、デジタルサイネージの設置箇所とリーチ数が拡大してことにより、薬局を訪れる利用者の満足度が向上するとともに、メディアとしての価値も一層高まるものと思われます。



Posted in マーケティング | Comments Closed

Related Posts