アート

Posted on 2017-03-11
「アルチンボルド展」神聖ローマ皇帝に愛された知略の芸術




ジュゼッペ・アルチンボルド《春》 1563年 油彩/板 マドリード、王立サン・フェルナンド美術アカデミー美術館蔵
© Museo de la Real Academia de Bellas Artes de San Fernando. Madrid 


ハプスブルク宮廷のアートディレクターとしても多彩に活動
2017年(平成29年)6月20日(火)から9月24日(日)まで、東京・上野の国立西洋美術館で「アルチンボルド展」が開催されます。

日本で初めて、ジュゼッペ・アルチンボルド(1526-1593年)のユーモアある知略の芸術を本格的に紹介するのものです。

アルチンボルドは、16世紀後半にウィーンとプラハのハプスブルク家の宮廷で活躍した、イタリア・ミラノ生まれの画家です。

自然科学に深い関心を示したマクシミリアン2世、稀代の芸術愛好家として知られるルドルフ2世という神聖ローマ皇帝たちに寵愛されました。

果物や野菜、魚や書物といったモティーフを思いがけないかたちで組み合わせた、寓意的な肖像画の数々は、奇想と知、驚異と論理が分かちがたく交錯し、暗号のようにして豊かな絵解きを誘います。彼の作品は20世紀のシュルレアリスム以後のアーティストたちにも、大きな刺激を与えました。

今回の展覧会では、世界各地の主要美術館が所蔵するアルチンボルドの油彩約10点のほか、素描などおよそ100点が展示され、アルチンボルドのイメージ世界の生成の秘密に迫ります。

大きな見どころは、日本で初めて一堂に公開される《春》《夏》《秋》《冬》です。ハプスブルク家の神聖ローマ皇帝のために最初のヴァージョンが制作された連作「四季」は、時の皇帝を喜ばせたほか、20世紀の芸術家ダリも驚いたという作品です。

また、彼はハプスブルク宮廷のアートディレクターとしても多彩な活動をしていました。それを物語るのが、ルドルフ2世主催の騎馬試合のために描いた素描。会場にはこうしたアートディレクターとしての仕事も紹介されます。

アルチンボルド展
会期
 2017年(平成29年)6月20日(火)から9月24日(日)まで
会場 国立西洋美術館
観覧料 一般1600円(1400円)、大学生1200円(1000円)、高校生800円(600円)、中学生以下無料
※( )内の料金は前売・20人以上の団体料金


ジュゼッペ・アルチンボルド《庭師/野菜》 1590年頃 油彩/板 クレモナ市立美術館蔵 Sistema Museale della Città di Cremona – Museo Civico “Ala Ponzone” / Museo Civico “Ala Ponzone” – Cremona, Italy 



ジュゼッペ・アルチンボルド《司書》 油彩/カンヴァス スコークロステル城蔵 ©Skokloster Slott/Samuel Uhrdin



ジュゼッペ・アルチンボルド《ソムリエ(ウェイター)》 1574年 油彩/カンヴァス 大阪新美術館建設準備室蔵






■■■■たくさんのご応募ありがとうございました。締め切りました。「アルチンボルド展」招待券プレゼント■■■■


開催を記念して、「アルチンボルド展」の招待券を、Media & Communication読者の5組10名様にプレゼントいたします。

以下のフォームより、お名前、メールアドレス、ご住所をお書きになり、ご応募ください。

締め切りは、2017年(平成29年)6月19日24時です。


※Media & Communication のプライバシー・ポリシーはこちらをご覧ください。

Tags:
Posted in アート | Comments Closed

Related Posts