アート

Posted on 2017-03-22
マーグ財団美術館のコレクションを中心に「国立新美術館開館10周年 ジャコメッティ展」




マーグ財団美術館の中庭に立つジャコメッティ
Archives Fondation Maeght, Saint-Paul de Vence (France) 


ジャコメッティの代表的な彫刻が一堂に集結
2017年(平成29年)6月14日(水)から9月4日(月)まで、東京・六本木の国立新美術館で「国立新美術館開館10周年 ジャコメッティ展」が開催されます。

この展覧会は、パリとチューリヒのジャコメッティ財団と並び、世界3大ジャコメッティ・コレクションのひとつとして名高い南フランスのマーグ財団美術館の全面的な協力を得て実現されるジャコメッティの大回顧展です。

同美術館の所蔵作品を中心に、初期から晩年まで、彫刻、油彩、素描、版画など、選りすぐりの作品、約135点が出品される予定です。

バリエーション豊かな作品について、《女=スプーン》《鼻》《小像》《3人の男のグループ(3人の歩く男たち)》など、各創作時代の代表的な彫刻が一堂に展示されます。また、アトリエの内部やモデルとの制作の様子を表す素描や記録写真など、創作のもようをうかがわせる資料も紹介されます。

チェース・マンハッタン銀行から依頼を受けて、ニューヨークの広場のために制作された3点の大作《歩く男Ⅰ》《女性立像Ⅱ》《大きな頭部》がそろって展示されるのも、見どころのひとつです。(ただし、このプロジェクトは実現しませんでした。)

ジャコメッティについて
アルベルト・ジャコメッティ(1901-1966年)は、スイスに生まれフランスで活躍した、20世紀のヨーロッパにおける最も重要な彫刻家のひとりです。

アフリカやオセアニアの彫刻やキュビスムへの傾倒、そして、1920年代の終わりから参加したシュルレアリスム運動など、同時代の先鋭的な動きを存分に吸収し、1935年から独自のスタイルの創出へと歩み出しました。

それは、身体を線のように長く引き伸ばした、まったく新たな彫刻でした。ジャコメッティは、見ることと創作することのあいだの葛藤の先に、虚飾を取り去った人間の本質に迫ろうとしたのです。

その特異な造形が実存主義や現象学の文脈でも評価されたことは、彼の彫刻が同時代の精神に呼応した証だといえましょう。

またジャコメッティは、哲学者の矢内原伊作(1918−1989年)と交流したことでも知られ、矢内原をモデルとした制作は、ジャコメッティに多大な刺激を与えました。

マルグリット&エメ・マーグ財団美術館(マーグ財団美術館)について
1964年、ニース近郊サン=ポール・ド・ヴァンスに開館したヨーロッパを代表する20世紀美術の殿堂です。南仏に点在する鷹の巣村(岩山の上に造られた鷹の巣のように見える村)のひとつ、サン=ポール村近くの静かな美しい森にたたずむ建物は、スペインの建築家ホセ・ルイ・セルトによる設計です。

同美術館は、高名な画商として活躍したエメ・マーグと妻マルグリットが設立しました。マーグ夫妻は、ミロ、カルダー、レジェ、ブラック、ジャコメッティ、シャガール、チリーダといった同時代を代表する偉大な作家たちと友情を育み、その豊かな交流が美術館設立の礎を築きました。

マーグ財団美術館には、彼らの油彩や彫刻、素描や版画など、数多くの名品が所蔵されています。また、芝生が敷き詰められた前庭と眺めのよい高台を含む広い敷地には、ミロやシャガール、ブラックなど、作家たちの特別な協力を得て制作された彫刻や壁画などが随所に設置されています。


国立新美術館開館10周年 ジャコメッティ展
会期
 2017年(平成29年)6月14日(水)から9月4日(月)まで
会場 国立新美術館 企画展示室 1E
観覧料 一般1600円(1400円)、大学生1200円(1000円)、高校生800円(600円)、中学生以下無料
※( )内の料金は前売・20人以上の団体料金


アルベルト・ジャコメッティ 《3人の男のグループ(3人の歩く男たち)》 1948/49年 ブロンズ マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス Archives Fondation Maeght, Saint-Paul de Vence (France) 



アルベルト・ジャコメッティ 《犬》 1951年 ブロンズ
マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス
Archives Fondation Maeght, Saint-Paul de Vence (France) 



アルベルト・ジャコメッティ 《ディエゴの胸像》 
1954年 ブロンズ 豊田市美術館 



マルグリット&エメ・マーグ財団美術館、サン=ポール・ド・ヴァンス
Archives Fondation Maeght, Saint-Paul de Vence (France) 







■■■■たくさんのご応募ありがとうございました。締め切りました。「国立新美術館開館10周年 ジャコメッティ展」招待券プレゼント■■■■


開催を記念して、「国立新美術館開館10周年 ジャコメッティ展」の招待券を、Media & Communication読者の5組10名様にプレゼントいたします。

以下のフォームより、お名前、メールアドレス、ご住所をお書きになり、ご応募ください。

締め切りは、2017年(平成29年)6月13日24時です。


※Media & Communication のプライバシー・ポリシーはこちらをご覧ください。

Tags:
Posted in アート | Comments Closed

Related Posts