ライフ

Posted on 2017-04-28
ビジネスの出会いを創出する仕事空間「SPACES」




SPACES大手町ビルの受付 


仕事に対する価値観の近い人たちが集まる
世界120か国でレンタルオフィス事業を展開するリージャスは、従来タイプのレンタルオフィスとは異なる、ビジネスの出会いなどに重点を置いたワーキング空間「SPACES」を、東京と名古屋に設置しました。

SPACESは、日本経済の中心地である東京・大手町の「大手町ビル」と、名古屋駅前のシンボルタワーのひとつ「JPタワー名古屋」に入居しています。

SPACESの特徴は、入居する人たちなどを対象にした交流会やビジネスイベント、セミナー、ファッションショーなどが、SPACES内で毎週のように開催されること。

仕事に対する価値観が近い人たちが集まるコミュニティですので、参加者同士のつながりを通じて、ビジネスが発展しやすくなります。

オフィスエリアの壁もガラス張りで、他の企業がどんな仕事をしているのかが分かりやすく、企業同士のコラボレーションにつながりやすい環境です。

SPACES内に設置されているデスク、チェア、ソファ、などの銃器類は、機能的でありながらスタイリッシュなデザイン。空間設計もゆとりを感じさせるつくりで、気持ちよく仕事に取り組むことができそうです。

日本リージャス 代表取締役 西岡真吾氏は「SPACESはコミュニティや出会いを創出する場であり、クリエイティブな空間を提供します。SPACESのスタッフはコミュニティを作るためのお手伝いをしています」と話します。 

SPACESには専用の個室スペースだけではなく、コワーキング(専用個室を持たず、デスク単位で契約できるシステム)スタイルでも利用可能です。

コワーキングスペースの契約料は6万8000円/月。都心における事業の新たな拠点として、活用を検討してみる価値はありそうです。
(TEXT:蓬田修一)

※写真はいずれも「SPACES大手町ビル」


 



 




Posted in ライフ | Comments Closed

Related Posts