アート

Posted on 2017-05-23
【招待券プレゼント】古今東西至宝が集結、ツタンカーメンから村上隆まで 「ボストン美術館の至宝展 ― 東西の名品、珠玉のコレクション」




フィンセント・ファン・ゴッホ《郵便配達人ジョゼフ・ルーラン》1888年 81.3cm x 65.4cm 油彩、カンヴァス Gift of Robert Treat Paine, 2nd, 35.1982 


幅広いコレクションを総合的に紹介するのは40年ぶり
「ボストン美術館の至宝展-東西の名品、珠玉のコレクション」が2017年(平成29年)7月20日(木)から10月9日(月・祝)まで、東京都美術館 企画展示室で開催されます。

世界屈指の美の殿堂、ボストン美術館の主要なコレクションから選りすぐりの80点を紹介する美術展です。

同館のコレクションによる美術展はこれまでも日本各地で開催されてきました。

当媒体Media & Communicationで紹介した美術展だけでも、「ボストン美術館 浮世絵名品展」(2011年、千葉市美術館ほか)、「ボストン美術館 日本美術の至宝」(2012年、東京国立博物館)、「ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展-印象派を魅了した日本の美」(2014年、京都市美術館ほか)「ボストン美術館 浮世絵名品展 北斎」(2014年、上野の森美術館ほか)、「ボストン美術館X東京藝術大学 ダブルインパクト 明治ニッポンの美」(2015年、東京藝術大学大学美術館ほか)、「ボストン美術館所蔵 おれたちの国芳 わたしの国貞」(2016年、Bunkamura ザ・ミュージアム)があります。

今回は、古代エジプト美術から中国美術、日本美術、フランス絵画、アメリカ絵画、版画・写真、現代美術まで、東西の名品を堪能できる美術展です。

ボストン美術館コレクションから幅広い内容を総合的に紹介する美術展は、日本では約40年ぶりとなります。

なお、本展覧会は神戸、名古屋でも開催が予定されています。

ボストン美術館の至宝展 ― 東西の名品、珠玉のコレクション
会期
 2017年(平成29年)7月20日(木)から10月9日(月・祝)まで
会場 東京都美術館 企画展示室
観覧料 一般1600円(1400円)、大学生・専門学校生1300円(1100円)、高校生800円(600円)、65歳以上1000円(800円)、中学生以下無料
※( )内の料金は前売および20人以上の団体料金

〈巡回展情報〉
神戸会場
 2017年(平成29年)10月28日(土)から2018年2月4日(日)まで/神戸市立博物館
名古屋会場 2018年(平成30年)2月18日(日)から7月1日(日)まで/名古屋ボストン美術館

フィンセント・ファン・ゴッホ《子守唄、ゆりかごを揺らすオーギュスティーヌ・ルーラン夫人》1889年 92.7cm x 72.7cm 油彩、カンヴァス Bequest of John T. Spaulding, 48.548 



英一蝶《涅槃図》江戸時代、1713年(正徳3年)286.8cm × 168.5cm 一幅、紙本着色 Fenollosa-Weld Collection, 11.4221 



ジョン・シンガー・サージェント《フィスク・ウォレン夫人(グレッチェン・オズグッド)と娘レイチェル》1903年 152.4cm x 102.5cm 油彩、カンヴァス Gift of Mrs. Rachel Warren Barton and Emily L. Ainsley Fund, 64.693 



All Photographs © 2017 Museum of Fine Arts, Boston




■■■■「ボストン美術館の至宝展 ― 東西の名品、珠玉のコレクション」招待券プレゼント■■■■


開催を記念して、東京都美術館で使用できる「ボストン美術館の至宝展 ― 東西の名品、珠玉のコレクション」の招待券を、Media & Communication読者の5組10名様にプレゼントいたします。

以下のフォームより、お名前、メールアドレス、ご住所をお書きになり、ご応募ください。

締め切りは、2017年(平成29年)7月19日24時です。

※Media & Communication のプライバシー・ポリシーはこちらをご覧ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号・ご住所 (必須)

本サイトの「ボストン美術館の至宝展 ― 東西の名品、珠玉のコレクション」の記事へは、どのような経路で来ましたか?(例:検索エンジン、ツイッター、フェイスブック、本サイトの関連記事、他サイトのリンク など) (任意)

「ボストン美術館の至宝展 ― 東西の名品、珠玉のコレクション」への思いなどがありましたら、お書き下さい (任意)

アートに対する悩み・疑問がありましたら、お書き下さい (任意。お送りいただいた場合、当サイト編集部の蓬田・宮川が可能な限り対応いたします。(^_^) )

アートで“幸せ”になった体験がありましたら教えて下さい(例:ルノワールの作品を見ると若いときの気持ちを思いだして元気になる、ミュージアムショップで買ったかわいい小物を仕事場に飾っていると仕事がはかどる気がする、など) (任意)

Tags:, ,
Posted in アート | Comments Closed

Related Posts