アート

Posted on 2017-05-29
【招待券プレゼント】ベルギー美術500年の歴史を一望「ベルギー奇想の系譜 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで」




ヒエロニムス・ボス工房 《トゥヌグダルスの幻視》 1490-1500年頃 油彩・板 ラサロ・ガルディアーノ財団 © Fundación Lázaro Galdiano 


ボスから現代アートまで
2017年(平成29年)7月15日(土)から9月24日(日)まで、東京・渋谷のBunkamura ザ・ミュージアムで「ベルギー奇想の系譜 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで」が開催されます。

15~17世紀、現在のベルギーおよびその周辺では、中世末期からの写実主義の伝統の上に、空想でしかありえない事物を視覚化した絵画が発展しました。

18世紀になり自然科学の発達や啓蒙主義が席巻すると、不可解なものは解明されていき、空想的なものへの関心も、それ以前に比べれば低くなります。

幻想美術の伝統が蘇るのは、産業革命後の19世紀、人間疎外や逃避願望を背景にした象徴派・表現主義においてでした。

今回の「ベルギー奇想の系譜 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで」では、ベルギーとその周辺地域において、幻想的な世界を作りだした一連の作品、15世紀から現代まで、約500年間にわたり、総勢30名の作家と約120点の作品で紹介します。

東京都美術館で開催中のボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展や、2015年に東京と京都で開催された「マグリット展」を見た人にとっては、ベルギーの作家が生み出す“奇想の世界”への理解が一層深まることでしょう。

なお、本展覧会は巡回展で、Bunkamura ザ・ミュージアムの前には神戸の兵庫県立美術館で開催されます(5月20日(土)から7月9日(日)まで)。

ベルギー奇想の系譜 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで
会期
 2017年(平成29年)7月15日(土)から9月24日(日)まで ※7月18日(火)、8月22日(火)のみ休館
会場 Bunkamura ザ・ミュージアム
入館料 一般1500円(1300円)、大学・高校生1000円(800円)、中・小学生700円(500円)
※( )内の料金は前売および20人以上の団体料金

〈巡回展情報〉
神戸会場
 2017年(平成29年)5月20日(土)から7月9日(日)まで/兵庫県立美術館

ジャン・デルヴィル 《レテ河の水を飲むダンテ》 1919年 油彩・キャンヴァス 姫路市立美術館 







■■■■「ベルギー奇想の系譜  ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで」招待券プレゼント■■■■


開催を記念して、Bunkamura ザ・ミュージアムで使用できる「ベルギー奇想の系譜  ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで」の招待券を、Media & Communication読者の5組10名様にプレゼントいたします。

以下のフォームより、お名前、メールアドレス、ご住所をお書きになり、ご応募ください。

締め切りは、2017年(平成29年)7月14日24時です。

※Media & Communication のプライバシー・ポリシーはこちらをご覧ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号・ご住所 (必須)

本サイトの「ベルギー奇想の系譜 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで」の記事へは、どのような経路で来ましたか?(例:検索エンジン、ツイッター、フェイスブック、本サイトの関連記事、他サイトのリンク など) (任意)

「ベルギー奇想の系譜」展への思いなどがありましたら、お書き下さい (任意)

アートに対する悩み・疑問がありましたら、お書き下さい (任意。お送りいただいた場合、当サイト編集部の蓬田・宮川が可能な限り対応いたします。(^_^) )

アートで“幸せ”になった体験がありましたら教えて下さい(例:ルノワールの作品を見ると若いときの気持ちを思いだして元気になる、ミュージアムショップで買ったかわいい小物を仕事場に飾っていると仕事がはかどる気がする、など) (任意)

Tags:
Posted in アート | Comments Closed

Related Posts