アート

Posted on 2017-05-17
【招待券プレゼント】北斎と出会って生まれた西洋美術の傑作たち




(作品右)クロード・モネ《陽を浴びるポプラ並木》1891年 油彩、カンヴァス 93×73.5cm 国立西洋美術館(松方コレクション)
(作品左)葛飾北斎《冨嶽三十六景 東海道程ヶ谷》天保元-4年(1830-33)頃 横大判錦絵 ミネアポリス美術館 Minneapolis Institute of Art, Bequest of Richard P. Gale 74.1.237 Photo: Minneapolis Institute of Art 


「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」国立西洋術館で
2017年(平成29年)2017年10月21日(土)2018年1月28日(日)まで、東京・上野の国立西洋美術館で「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」が開催されます。

19世紀後半、日本の美術は西洋の人々を魅了し、“ジャポニスム”という現象が生まれました。

中でも注目された存在が、天才浮世絵師・葛飾北斎(1760~1849)です。

その影響は印象派の絵画をはじめ、彫刻、装飾工芸などあらゆる分野に及びました。

今回の展覧会は“北斎とジャポニスム”という観点から編み直す、世界初の試みです。

モネ、ドガ、セザンヌ、ゴーガンなど西洋芸術の名作約200点、北斎の錦絵約30点、版本約60冊(出品点数は予定、会期中展示替えあり)が出品され、北斎が西洋に与えた衝撃を紹介します。

北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃
会期
 2017年(平成29年)10月21日(土)から2018年(平成30年)1月28日(日)まで
会場 国立西洋美術館

(作品右)葛飾北斎『北斎漫画』十一編(部分)刊年不詳 浦上蒼穹堂
(作品左)エドガー・ドガ《踊り子たち、ピンクと緑》1894年 パステル、紙(ボード裏打)66×47cm 吉野石膏株式会社(山形美術館寄託) 



葛飾北斎 《冨嶽三十六景 駿州片倉茶園ノ不二》天保元-4年(1830-33)頃 横大判錦絵 オーストリア応用美術館、ウィーン MAK – Austrian Museum of Applied Arts / Contemporary Art, Vienna Photo: ©MAK / Georg Mayer 



ポール・セザンヌ《サント=ヴィクトワール山》1886-87年 油彩、カンヴァス 79.3×92.3cm 
フィリップス・コレクション、ワシントンD.C.The Phillips Collection, Washington, D. C. 







■■■■「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」招待券プレゼント■■■■


開催を記念して、「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」の招待券を、Media & Communication読者の5組10名様にプレゼントいたします。

以下のフォームより、お名前、メールアドレス、ご住所をお書きになり、ご応募ください。

締め切りは、2017年(平成29年)10月20日24時です。

※Media & Communication のプライバシー・ポリシーはこちらをご覧ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号・ご住所 (必須)

本サイトの「北斎とジャポニスム HOKUSAIが西洋に与えた衝撃」の記事へは、どのような経路で来ましたか?(例:検索エンジン、ツイッター、フェイスブック、本サイトの関連記事、他サイトのリンク など) (任意)

「北斎とジャポニスム」展への思いなどがありましたら、お書き下さい (任意)

アートに対する悩み・疑問がありましたら、お書き下さい (任意。お送りいただいた場合、当サイト編集部の蓬田・宮川が可能な限り対応いたします。(^_^) )

アートで“幸せ”になった体験がありましたら教えて下さい(例:ルノワールの作品を見ると若いときの気持ちを思いだして元気になる、ミュージアムショップで買ったかわいい小物を仕事場に飾っていると仕事がはかどる気がする、など) (任意)

Tags:,
Posted in アート | Comments Closed

Related Posts