アート

Posted on 2017-08-10
【招待券プレゼント】「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」28組のアーティストが生むドラえもんの世界




7月31日の開催記念クロストークで公開されたメインビジュアル。作者は村上隆氏。 ©2017 Takashi Murakami/Kaikai Kiki Co., Ltd. All Rights Reserved. ©Fujiko-Pro 


2017年(平成29年)11月1日(水)から2018年(平成30年)1月8日(月・祝)まで、東京・六本木の森アーツセンターギャラリーで「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」が開催されます。

「あなたのドラえもんをつくってください」--このコンセプトに共鳴したアーティストが集い、「ドラえもん」への思いが詰まった世界に、ひとつだけのアート作品を発表するのが、本展のみどころです。

参加アーティストは次の28組です。

会田誠
梅佳代
小谷元彦
鴻池朋子
佐藤雅晴
しりあがり寿
西尾康之
蜷川実花
福田美蘭
町田久美
Mr.
村上隆
森村泰昌+コイケジュンコ
山口晃
渡邊希
クワクボリョウタ
後藤 映則
近藤 智美
坂本 友由
シシヤマザキ
篠原 愛
中里 勇太
中塚 翠涛
山口 英紀+伊藤 航
山本 竜基
れなれな
奈良美智
増田セバスチャン

各アーティストがさまざまな技法で新作アートを制作しています。

村上隆さんは、プレイベントにおいて「現代美術の文法と漫画の文法を、どうやったら近接させられるかが本作の見どころ。『“漫画”と“ドラえもん”は、いかに偉大であったか』を我々別ジャンルの人間がどうやって読み解くかというテーマなので、(作品を観た人に)ドラえもんの世界観がどれだけ素晴らしいのかが、最終的に伝われば嬉しい」と語りました。

増田セバスチャンさんは「ドラえもんは人生で最初に衝撃を受けた漫画作品。早く(本展の)参加オファーが来ないかなと思っていたくらい」「この時代にもしドラえもんがいたら、もしいなかったら、と考えながら作品を作りました。期待していてください」と、本展への意気込みを語りました。 

誰も見たことがないドラえもんが、会場に集まります。ぜひ足を運んでみてはいかがですか。


THE ドラえもん展 TOKYO 2017
会期
 2017年(平成29年)11月1日(水)から2018年(平成30年)1月8日(月・祝)まで ※会期中無休
会場 森アーツセンターギャラリー
観覧料 一般1800円(1600円)、中・高校生1400円(1200円)、4歳~小学生800円(600円)
※( )内は前売および15人以上の団体料金


村上隆氏が前回「THE ドラえもん展」に出品した作品「ぼくと弟とドラえもんとの夏休み」(2002年)©Fujiko-pro & Takashi Murakami / Kaikai Kiki 2002 



多方面で活躍中の増田セバスチャンさんも参加。





■■■■「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」 招待券プレゼント■■■■


開催を記念して、「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」の招待券を、Media & Communication読者の5組10名様にプレゼントいたします。

以下のフォームより、お名前、メールアドレス、ご住所をお書きになり、ご応募ください。

締め切りは、2017年(平成29年)10月30日24時です。

※Media & Communication のプライバシー・ポリシーはこちらをご覧ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号・ご住所 (必須)

本サイトの「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」の記事へは、どのような経路で来ましたか?(例:検索エンジン、ツイッター、フェイスブック、本サイトの関連記事、他サイトのリンク など) (任意)

「THE ドラえもん展 TOKYO 2017」への思いなどがありましたら、お書き下さい (任意)

アートに対する悩み・疑問がありましたら、お書き下さい (任意。お送りいただいた場合、当サイト編集部の蓬田・宮川が可能な限り対応いたします。(^_^) )

アートで“幸せ”になった体験がありましたら教えて下さい(例:ルノワールの作品を見ると若いときの気持ちを思いだして元気になる、ミュージアムショップで買ったかわいい小物を仕事場に飾っていると仕事がはかどる気がする、など) (任意)

Tags:
Posted in アート | Comments Closed

Related Posts