アート

Posted on 2017-08-23
【招待券プレゼント】知られざる画家“オットー・ネーベル” 日本初の回顧展「オットー・ネーベル展」




オットー・ネーベル 《ナポリ》『イタリアのカラー・アトラス(色彩地図帳)』より 1931年 水彩・紙 オットー・ネーベル財団 


クレー、カンディンスキーなど同時代画家たちの作品も紹介
オットー・ネーベル(1892-1973年)。スイスとドイツで活躍したこの画家の名前を知っている人は、少ないかもしれません。

ベルリンに生まれ育ったオットー・ネーベルは、初め建築を専門に学び、その後、演劇学校にも通います。

絵の方面では、ワシリー・カンディンスキーやパウル・クレーの知遇を得て、彼らから多大なインスピレーションを受けるとともに、長きにわたる友情を育みます。

ネーベルが画家になろうと決心したのは、1916年、フランツ・マルクに捧げられた展覧会をベルリンで見たことから。

マルクは、大胆なタッチと非現実的な鮮やかさな色彩で動物を描き人気を博したものの、36歳の若さで戦死した画家です。

今回の展覧会では、建築、演劇、音楽、抽象など、彼が手掛けた主要なテーマに沿って作品を紹介します。

あわせて、クレー、カンディンスキー、シャガールなど、ネーベルが影響を受けた同時代作家の作品も展示します。

ネーベルは画家としてだけではなく、版画家や詩人としても活躍しました。

今回の展覧会は、20世紀美術の流れの中で、ネーベルの創作活動の軌跡を振り返る、日本で初となる回顧展です。

なお、本展覧会は2018年(平成30年)4月28日(土)から6月24日(日)まで、京都文化博物館で巡回開催の予定です。


オットー・ネーベル展 シャガール、カンディンスキー、クレーの時代
会期
 2017年(平成29年)10月7日(土)から12月17日(日)まで *10/17(火)、11/14(火)のみ休館
会場 Bunkamura ザ・ミュージアム
観覧料 一般1500円(1300円)、大学・高校生1000円(800円)、中学・小学生700円(500円)
※( )内は20名以上の団体料金および前売料金

〈巡回情報〉2018年(平成30年)4月28日(土)~6月24日(日) 京都文化博物館(予定)

オットー・ネーベル 《地中海から(南国)》 1935年 水彩・紙、厚紙に貼付した紙 オットー・ネーベル財団 



オットー・ネーベル 《明るい黄色の出来事》 1937年 油彩・キャンヴァス オットー・ネーベル財団 



オットー・ネーベル 《ドッピオ・モヴィメント(二倍の速さで)》 1936年 ラッカー塗料・紙 オットー・ネーベル財団 





■■■■「オットー・ネーベル展」 招待券プレゼント■■■■


開催を記念して、Bunkamura ザ・ミュージアムで使うことができる「オットー・ネーベル展」の招待券を、Media & Communication読者の5組10名様にプレゼントいたします。

以下のフォームより、お名前、メールアドレス、ご住所をお書きになり、ご応募ください。

締め切りは、2017年(平成29年)10月6日24時です。

※Media & Communication のプライバシー・ポリシーはこちらをご覧ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号・ご住所 (必須)

本サイトの「オットー・ネーベル展」の記事へは、どのような経路で来ましたか?(例:検索エンジン、ツイッター、フェイスブック、本サイトの関連記事、他サイトのリンク など) (任意)

「オットー・ネーベル展」への思いなどがありましたら、お書き下さい (任意)

アートに対する悩み・疑問がありましたら、お書き下さい (任意。お送りいただいた場合、当サイト編集部の蓬田・宮川が可能な限り対応いたします。(^_^) )

アートで“幸せ”になった体験がありましたら教えて下さい(例:ルノワールの作品を見ると若いときの気持ちを思いだして元気になる、ミュージアムショップで買ったかわいい小物を仕事場に飾っていると仕事がはかどる気がする、など) (任意)

Tags:
Posted in アート | Comments Closed

Related Posts