アート

Posted on 2017-09-02
六本木の2美術館で東南アジアの現代アートを集大成




リー・ウェン 《奇妙な果実》 2003年 Cプリント 42×59.4cm 


ASEAN10カ国・86組のアーティストが2会場に約190点を出品
東京・六本木の国立新美術館と森美術館で、2017年(平成29年)7月5日(水)から10月23日(月)まで、「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」が開催中です。

ASEAN(東南アジア諸国連合)設立50周年にあたる今年、東南アジアの現代美術を紹介する史上最大規模の意欲的な展覧会です。

同じ六本木エリアにある国立新美術館、森美術館両館長が発案し、国際交流基金の賛同により実現したもので、3者が総力を挙げて行う、初の共同企画展です。

14名のキュレトリアル・チームによる2年半にわたる現地調査を経てASEAN10カ国から86組のアーティストが選ばれ、2館の会場に約190点の作品が展示されています。

展示の構成は次の通りです。
〈国立新美術館会場〉
・うつろう世界
・情熱と革命
・アーカイブ
・さまざまなアイデンティティー
・日々の生活
〈森美術館会場〉
・発展のその影
・アートとは何か?なぜやるのか?
・瞑想としてのメディア
・歴史との対話

86組のアーティストは、次世代に多大な影響を与えたモンティエン・ブンマー(タイ)、ロベルト・ チャベット(フィリピン)をはじめ、90年代に国際的に注目されはじめたアジアン・アーティストのスター、リクリット・ティラヴァーニャ(タイ)、ウォン・ホイチョン(マレーシア)、ヘリ・ドノ(インドネシア)、ティファニー・チュン(ベトナム)たち、さらに、80~90年代生まれの若い世代として、すでに世界中からオファーがあるホー・ルイ・アン(シンガポール)、コラクリット・アルナーノンチャイ(タイ)など、大注目のアーティストが勢揃いです。

本展覧会のための新作が多数あるほか、来場者の参加により完成する参加型の作品もあり、見どころ満載です。

2館共通券(1800円)の使用は同日中でなくてもよいので、別の日にもう一つの館をゆっくり鑑賞することが可能です。

森美術館は火曜を除き毎日22時まで、国立新美術館も金曜・土曜は21時まで開館延長しています。

「六本木アートナイト2017」の開催日は、森美術館は9/30(土) 10:00〜翌6:00まで開館。

国立新美術館は9/30(土)、10/1(日)ともに夜22:00まで開館延長されます。

国際的にも注目が高まっているASEANの現代アートの集大成を体感してみてはいかがですか。

なお、本展覧会は2017年11月3日(金・祝)から12月25日(月)まで、福岡アジア美術館で巡回開催の予定です。


サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで
会期
 2017年(平成29年)7月5日(水)から10月23日(月)まで
会場 国立新美術館 企画展示室 2E、森美術館(2館同時開催)
観覧料 2館共通 *国立新美術館&森美術館の両方 一般1800円、大学生800円、高校生・18歳未満無料
単館 *国立新美術館または森美術館の一方のみ 一般1000円(団体800円)、大学生500円(同300円)、同上
※( )内は団体料金。団体券は各館で販売(国立新美術館は20名以上、森美術館は15名以上で団体料金を適用)。
※2館共通券は、券を購入した館では当日限り有効。もう一方の館への入場は会期中有効。

巡回展情報 2017年(平成29年)11月3日(金・祝)~12月25日(月)/福岡アジア美術館


FX ハルソノ 《声なき声》 1993-94年 シルクスクリーン、キャンバス、木の椅子、スタンプ キャンバス:各143.5 x 95.5cm 木の椅子:各23 x 38 x 32cm(9点組) 所蔵:福岡アジア美術館 



ティン・リン 《アートの生物学》(「00235」シリーズより) 1999年 ミクストメディア、綿のシャツ 53×53cm Courtesy:Martin LeSanto-Smith 



リュウ・クンユウ 《そびえ立つ街》(「私の国への提案」シリーズより) 2009年 フォトモンタージュ 213 x 575cm 






■■■■たくさんのご応募ありがとうございました。締め切りました。「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」 招待券プレゼント■■■■


開催を記念して、「サンシャワー:東南アジアの現代美術展 1980年代から現在まで」の招待券を、Media & Communication読者の5組10名様にプレゼントいたします。

以下のフォームより、お名前、メールアドレス、ご住所をお書きになり、ご応募ください。

締め切りは、2017年(平成29年)9月16日24時です。


※Media & Communication のプライバシー・ポリシーはこちらをご覧ください。

Posted in アート | Comments Closed

Related Posts