ライフ / 音楽

Posted on 2017-10-18
フェンダーからジョージ・ハリスンのシグネイチャーモデルが限定発売







ザ・ビートルズ伝説のルーフトップ・コンサートで使用されたオールローズ・テレキャスターを再現
アーティストシグネイチャーモデルとしてGEORGE HARRISON TELECASTERが、フェンダーミュージックから国内発売され、10 月18 日より出荷開始となりました。

1969年1月、イギリス・ロンドンで行われたザ・ビートルズ事実上のラストライブ「ルーフトップ・コンサート」は今でも世界中の音楽ファンの記憶に刻まれています。

その伝説的なパフォーマンスでジョージ・ハリスンが使用したのが、オールローズ・テレキャスター。

当時の仕様と同じく、木材はすべてローズウッドを採用し、チェンバー加工(軽量化と豊かな音質を得るためにギターのボディをくり抜く加工)によって軽量化されたシグネイチャーモデルとして完成しました。

もととなったオールローズ・テレキャスターは1968年に、フェンダーの弦楽器職人であるロジャー・ロスマイズルの考案により、フィリップ・クビキが製作を手掛けた、フェンダーでは初めてとなるオール・ローズウッドで作られたテレキャスターでした。

ジョージ・ハリスンは1960年代後期のレコーディングなどでこのオールローズ・テレキャスターを使用し、名作の数々を奏でています。

そして、もっとも有名なのが1969年1月にロンドンで行われた「ルーフトップ・コンサート」での伝説的なパフォーマンスでしょう。

その伝説を作り出したギターが、約50年の時を経て、ハンドクラフトで丁寧に再現され、最先端の弦楽器製作技術を盛り込みながら、2016年のFENDER CUSTOM SHOP製よりも手に取りやすい価格で甦りました。

価格:35万円(税抜)



Posted in ライフ, 音楽 | Comments Closed

Related Posts