マーケティング

Posted on 2017-11-29
「エコプロ2017〜環境とエネルギーの未来展」 持続可能な開発目標“SDGs”企画も展開




前回のもよう。705社・団体が出展し、16万7093人が来場した 


チームラボが「お絵かきスマートタウン」を展示
「エコプロ2017〜環境とエネルギーの未来展」が2017年(平成29年)12月7日(木)から9日(土)の3日間、東京ビッグサイトで開催されます。

アジアを代表する環境・エネルギーの総合展示会で今回が19回目です。

昨年「地球温暖化対策と環境配慮」と「クリーンエネルギーとスマート社会」を2大テーマに掲げ、従来の「エコプロダクツ」から「エコプロ〜環境とエネルギーの未来展」へと新たなスタートを切りました。

前回高い関心を集めた、著名な専門家や企業経営者を招いて議論する「環境・エネルギー会議」、植物由来の新素材「セルロースナノファイバー」を特集する「ナノセルロース展」が拡充されるほか、新たな企画が実施されます。

今回は国連が定めた持続可能な開発目標、SDGsを知る企画として「SDGsエリア」が設置され、SDGsへの企業や国際機関の取り組みが紹介されます。

また、今回もビジネスに役立つだけでなく、エコライフを彩る情報、楽しい企画が満載です。

ファミリーでの来場の多い土曜日限定の、豪華なステージイベントでは人気の吉本芸人が勢ぞろいする「よしもとSDGs花月」が行われます。

体験型デジタルアートで話題のチームラボが「お絵かきスマートタウン」を展示します。

パラリンピック正式種目である「ボッチャ」の体験コーナーも注目です。


◆会期 12月7日(木)~9日(土) 10:00~17:00
◆会場 東京ビッグサイト[東ホール]
◆入場料 無料(登録制)

以下は前回のもようです。

 



 



 





Posted in マーケティング | Comments Closed

Related Posts