アート

Posted on 2017-12-02
東京で約12年ぶりの大回顧展「エッシャー展」




 


日本初公開のイスラエル博物館コレクション
唯一無二の独特な世界観を感じさせるエッシャーの不思議な作品。エッシャーは今なお、世界中の人々を魅了する版画家です。

2018年に生誕120周年を迎えるエッシャーの大規模な回顧展が開催されます。

東京で開催されるのは約12年ぶりです。

イスラエル博物館が所蔵する貴重なコレクションであり、作品はすべて日本初公開です。

代表的なだまし絵の作品に加え、初期に制作された作品、版画制作に使用された板など約150点で構成されます。


マウリッツ・コルネリス・エッシャー Maurits Cornelis Escher(1898年6月17日~1972年3月27日)
オランダを代表する版画家。だまし絵(トロンプ・ルイユ)の分野で世界一の知名度を誇っています。

エッシャーの作り上げた非常に独創的なビジュアルイメージは、クリエイターをはじめ数学者などにもインスピレーションを与えてきました。


開催概要
生誕120年 イスラエル博物館所蔵 ミラクル エッシャー展
The Miracle of M.C. Escher: Prints from The Israel Museum, Jerusalem
会期
 2018年6月6日(水)~7月29日(日)
会場 上野の森美術館



Tags:
Posted in アート | Comments Closed

Related Posts