アート

Posted on 2018-01-26
【招待券プレゼント】特別展「名作誕生-つながる日本美術」約120件の名作が集合




重要文化財 四季花鳥図屛風(右隻) 雪舟等楊筆 室町時代・15世紀 京都国立博物館蔵
【展示期間:4月13日~5月6日】 


同上(左隻) 


日本美術の入門として最適な美術展
日本美術史上の「名作」を一堂に集めて紹介する展覧会「創刊記念『國華』130周年・朝日新聞140周年 特別展「名作誕生-つながる日本美術」」が、2018年(平成30年)4月13日から5月27日まで、東京国立博物館の平成館で開催されます。

奈良・平安から鎌倉時代の仏教美術にはじまり、室町から江戸時代にかけての絵画や工芸、さらには近代洋画まで、地域や時代、ジャンルを超えた約120件の名作が集まります(会期中、展示替えがあります)。

美術展のコンセプトは「つながり」。日本美術史上の名作を一堂に展示し、名作がどのようなつながりで誕生したのか、巨匠たちが何と(誰と)どのようにつながって名作を誕生させたのかを、作品を通して明らかにしていきます。

日本美術の入門としても、より深く美術を鑑賞するヒントを見つけるきっかけとしても、楽しめる展覧会です。


『國華』 岡倉天心らが明治22年に創刊
「名作誕生-つながる日本美術」は、美術雑誌『國華(こっか)』の創刊130周年、朝日新聞の創刊140周年を記念して開かれる美術展です。

『國華』は明治22年に、岡倉天心や高橋健三らによって創刊。

「美術ハ國ノ精華ナリ」(創刊の辞)から『國華』と名付けられました。

日本と東洋の優れた美術作品について、第一線の研究者たちによる質の高い論文を掲載し、素晴らしい美術作品を数多く紹介してきました。

本展は『國華』編輯委員と東京国立博物館研究員との競演により開催されます。


創刊記念『國華』130周年・朝日新聞140周年
特別展「名作誕生-つながる日本美術」
会期
 2018年(平成30年)4月13日(金)から5月27日(日)まで ※前期展示=4月13日~5月6日、後期展示=5月8日~5月27日
会場 東京国立博物館 平成館
観覧料 一般1600円(1400円/1300円)、大学生1200円(1000円/900円)、高校生900円(700円/600円)、中学生以下無料
※( )内は前売/20人以上の団体料金
※障がい者とその介護者1名は無料(入館の際に障がい者手帳などをご提示ください)


国宝 松林図屛風 長谷川等伯筆 安土桃山時代・16 世紀 東京国立博物館蔵
【展示期間:4月13 日~5月6日】 



国宝 風俗図屛風 (彦根屛風) 江戸時代・17世紀 滋賀・彦根城博物館蔵
【展示期間:5月15日~5月27日】 







■■■■特別展「名作誕生-つながる日本美術」招待券プレゼント■■■■


特別展「名作誕生-つながる日本美術」の開催を記念して、招待券をMedia & Communication読者の5組10名様にプレゼントいたします。

以下のフォームより、お名前、メールアドレス、ご住所をお書きになり、ご応募ください。

締め切りは、2018年(平成30年)4月12日24時です。

※Media & Communication のプライバシー・ポリシーはこちらをご覧ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号・ご住所 (必須)

本サイトの特別展「名作誕生-つながる日本美術」の記事へは、どのような経路で来ましたか?(例:検索エンジン、ツイッター、フェイスブック、本サイトの関連記事、他サイトのリンク など) (任意)

特別展「名作誕生-つながる日本美術」への思いなどがありましたら、お書き下さい (任意)

アートやアート鑑賞に対する悩み・疑問がありましたら、お書き下さい (任意。お送りいただいた場合、当サイト編集部の蓬田・宮川が可能な限り対応いたします。(^_^) )

アートで“幸せ”になった体験がありましたら教えて下さい(例:ルノワールの作品を見ると若いときの気持ちを思いだして元気になる、ミュージアムショップで買ったかわいい小物を仕事場に飾っていると仕事がはかどる気がする、など) (任意)

Tags:
Posted in アート | Comments Closed

Related Posts