アート

Posted on 2018-02-19
「生誕150年 横山大観展」《白衣観音》など新出作品も登場




群青富士(右隻) 横山大観 1917年頃 静岡県立美術館蔵
展示期間:4月13日~5月6日(京都展は7月3日~7月22日) 


同上(左隻)


代表作を網羅した大回顧展
2018年(平成30年)4月13日(金)から5月27日(日)まで、東京・竹橋の東京国立近代美術館で「生誕150年 横山大観展」が開催されます。

横山大観(1868~1958)の生誕150年、没後60年を記念して開催される大回顧展です。

東京美術学校に学んだ大観は、師の岡倉天心とともに同校を去り、日本美術院を設立し、新たな時代における新たな絵画の創出を目指しました。

西洋からさまざまなモノや情報が押し寄せる時代の中、日本の絵画の伝統的な技法を継承しつつ、時に改変を試み、また主題についても従来の定型を軽々と脱してみせました。

やがてこうした手法はさらに広がりを見せ、自在な画風と深い精神性を備えた数々の大作を生み出しました。

40m超で日本一長い画巻《生々流転》(重要文化財)や《夜桜》《紅葉》といった代表作のほか、100年ぶりの発見である《白衣観音》《彗星》など新出作品も公開されます。

習作などの資料をあわせ総出品数は91点、制作の過程から彼の芸術の本質に迫る内容です。

なお、本展覧会は2018年6月8日(金)から7月22日(日)まで、京都国立近代美術館で巡回開催されます。


生誕150年 横山大観展
会期
 2018年(平成30年)4月13日(金)から5月27日(日)まで
会場 国立近代美術館
観覧料 一般1500円(1300円)、大学生1100円(900円)、高校生600円(400円)、中学生以下無料
※( )内は前売および20人以上の団体料金


 重要文化財 生々流転(部分) 横山大観 1923年 東京国立近代美術館蔵
※京都展は巻き替えあり 



夜桜(右隻) 横山大観 1929年 大倉集古館蔵
展示期間5月8日~5月27日(京都展は6月8日~7月1日) 


同上(左隻)



白衣観音 横山大観 1908年 個人蔵 






■■■■たくさんのご応募ありがとうございました。締め切りました。「生誕150年 横山大観展」(東京展)招待券プレゼント■■■■


「生誕150年 横山大観展」の開催を記念して、招待券をMedia & Communication読者の5組10名様にプレゼントいたします。

以下のフォームより、お名前、メールアドレス、ご住所をお書きになり、ご応募ください。

締め切りは、2018年(平成30年)4月12日24時です。


※Media & Communication のプライバシー・ポリシーはこちらをご覧ください。

Tags:
Posted in アート | Comments Closed

Related Posts