アート / マーケティング

Posted on 2018-03-09
「アートフェア東京2018」開幕! お気に入りの作品に出会い購入するチャンス




ロビーギャラリーにあるインフォメーションカウンター。右側にはアート施設が集積する天王洲エリアの大型ジオラマが展示されている。水面下やその下の地層部分まで作り込まれている。


会期中は関連アートイベントをつなぐ周遊バスが運行
2018年(平成30年)3月8日(木)、東京・有楽町の東京国際フォーラムで日本最大級の国際アート見本市「アートフェア東京2018」が開幕しました。3月11日(日)まで。

13回を迎える今回は“Art is Life”をテーマに、国内外からアートギャラリーが参加し、古美術から工芸、日本画、近代美術、現代アートまで、幅広い時代とジャンルの作品が展示・販売されます。

ギャラリーエリア(地下2階の展示ホール)は展示面積が20%アップ。縄文土器から、平安時代の仏像、当代樂吉左衛門の新作、レディーガガも履いていたヒールレスシューズや、ジョナス・ウッドの大作など、古美術から工芸、近代美術、現代アートまで約2000点を超える作品が集まっています。

地下1階のロビーギャラリーでは「Projects」「World Art Tokyo –パンゲア・テクトニクス-」「Future Artists Tokyo ―スイッチルームー」が展開されています(このエリアは入場無料)。

今回は、「アートフェア東京2018」と同時開催する、「ART in PARK HOTEL 2018」(汐留)、「3331 ART FAIR 2018」(外神田)、「Asian Art Award 2018 supported by Warehouse TERRADA」(天王洲)の4カ所を巡る無料周遊バスが運行します。

人気ファッションモデルのラブリを起用して、彼女が東京の街に溢れる様々なアートスポットを巡るようすを掲載した媒体「ART MARKET TOKYO」もアートフェア東京の会場で無料配布されています。

お気に入りのアート作品に出会い購入するチャンスです。

アートフェア東京2018
会期
 2018年(平成30年)3月8日(木)から3月11日(日)まで ※ただし、8日はプレスビュー、プライベートビューなどで、パブリックビューは9日から
会場 東京国際フォーラム ホールE及びロビーギャラリー
入場料 1DAYパスポート3500円

以下は8日に撮影した会場のもようです。











Posted in アート, マーケティング | Comments Closed

Related Posts