アート

Posted on 2018-03-19
栃木県佐野市で現代美術展「R293美術展2018」






国道293号線エリアで活動する作家たちの作品を一堂に
栃木県佐野市で「R293美術展2018」が、2018年(平成30年)5月12日から27日まで、佐野市文化会館で開催されます。

同展は国道293号線(R293)が走る足利市、太田市、佐野市、栃木市などを拠点に活動する現代美術作家9人の作品を一堂に集めて紹介するものです。毎年開催され、今年で8回目を迎えます。

今年のテーマは“両毛の眼”。「両毛」とは、上野(こうずけ、群馬県)と下野(しもつけ、栃木県)を指し、特に両県の南部地域をこう呼ぶことも多くあります。

テーマに「眼」を入れた理由について、主催者側は「作者と鑑賞者も共通する要素が目あるいは眼であること、そして、芸術として成立する根拠は、新しいものの見方やビジョンの提示によって職人芸と区別されるから」としています。

両毛エリアで活動する現代美術作家の作品に触れられる貴重な機会です。


R293美術展2018
会期
 2018年(平成30年)5月12日(土)から27日(日)まで
会場 佐野市文化会館 展示室A・B、201会議室
料金 一般300円、高校生以下無料



Posted in アート | Comments Closed

Related Posts