アート

Posted on 2018-04-22
六本木アートナイト2018 六本木にアート作品があふれ出す




金氏徹平《タワー》(完成イメージ)六本木ヒルズアリーナでのメインプログラム。ハイブリッドなコラージュ彫刻にミュージシャンのオオルタイチと柴田聡子、ダンサーの島地保武、女優の青柳いづみなどが加わり、造形とパフォーマンスの混淆が楽しめる 


周辺美術館やギャラリーでは開催される連動企画も多数
六本木で繰り広げられる一夜限りのアートイベント「六本木アートナイト2018」が2018年(平成30年)5月26日(土)から27日(日)に開催されます。

今回のテーマは「街はアートの夢を見る」。

六本木ヒルズ、国立新美術館、東京ミッドタウンで展開されるメインプログラムを務める金氏徹平、鬼頭健吾、宇治野宗輝の3人をはじめ、多くのアーティストが作品を披露、ストリート、交差点、公園、神社や店など、街中にアート作品があふれ出します。

現代アート、デザイン、音楽、映像、パフォーマンスなどの多様な作品に加え、体験・参加型のプログラムも多数実施されます。

六本木の美術館やギャラリーなども六本木アートナイトにあわせて、開催されている展覧会の特別プログラムや、開館時間の延長など、連動企画を行います。

さまざまなインスタレーション作品が現れ、アートを発見する喜びや、普段とは違った町の表情を体験できます。

眠らない街・六本木で、夜通しでアートを愛でることができるイベントです。


六本木アートナイト2018
会期
 2018年(平成30年)5月26日(土)10:00から5月27日(日)18:00まで
<コアタイム>26日(土)18:00から27日(日)6:00まで
※コアタイムはメインとなるインスタレーションやイベントが集積する時間帯
会場 六本木ヒルズ、森美術館、東京ミッドタウン、サントリー美術館、21_21 DESIGN SIGHT、
国立新美術館、六本木商店街、その他六本木地区の協力施設や公共スペース
観覧料 無料(ただし、一部のプログラムおよび美術館企画は有料)


鬼頭健吾《hanging colors》(完成イメージ)
国立新美術館でのメインプログラム。カラフルな布の滝が黒川紀章による設計のガラスのファサードの形を浮き彫りにし、日中は外光が布を通して内部に色付きの夢を投影。屋内に留まった夢が、夜に光として街に溢れ出していくように。正面玄関前の直径約10mのスペースには、5000個ほどの手鏡を敷き詰め花の映像を投影した《broken flowers》もある。 



宇治野 宗輝《ドラゴンヘッド・ハウス》(完成イメージ)
東京ミッドタウンのメインプログラム。キャノピー・スクエアに、自動車を「顎」に見立てた「DRAGON HEAD」シリーズの六本木バージョンが登場。世界各地の展覧会で披露されている、音と光が連動する「動く彫刻」だ。車は家電製品や家具などと同等に大量生産と消費社会の20世紀をシンボリックに表している。世界中どこにでもある日常的なモノと技術を再構成し、近代文化を再定義することに取り組む作家の代表作のひとつ。 





Posted in アート | Comments Closed

Related Posts