アート / 歴史

Posted on 2018-04-26
【観覧券プレゼント】特別展「縄文-1万年の美の鼓動」 日本各地の優品が集まる




国宝 火焰型土器 新潟・十日町市蔵(十日町市博物館保管) 写真:小川忠博 新潟県十日町市 笹山遺跡出土 縄文時代(中期)・前3000~前2000年 


縄文時代の国宝6件が勢揃い
2018年(平成30年)7月3日(火)から9月2日(日)まで、東京・上野の東京国立博物館で特別展「縄文-1万年の美の鼓動」が開催されます。

今から約1万3000年前、氷期が終わりに近づいて温暖化が進み、入り江や干潟が生まれ、現在の日本列島の景観が整いました。

この頃に日本では土器作りが始まり、縄文時代が幕を開けます。

当時の人々は、自然環境を生かして狩猟や漁撈、採集による生活を営んでいました。

彼らが日々の暮らしの中で作り出した土器や石器、土偶や装身具など、さまざまな道具は力強さと神秘的な魅力にあふれています。

躍動感あふれる《火焰型土器》やユニークな姿形をした《遮光器土偶》は、縄文時代の造形美を象徴するものとして広く知られていますが、1万年続いた縄文時代には、まだまだ知られていない多彩な造形が数多くあります。

本展覧会は「縄文の美」をテーマに、縄文時代草創期から晩期まで、日本列島各地で育まれた優品を一堂に集め、その形に込められた人々の技や思いに迫ります。

縄文時代の出土品で現在国宝に指定されている6件が初めて勢揃いします(6件のうち「土偶 縄文のビーナス」「土偶 仮面の女神」の展示は7月31日~9月2日)。

約1万年の始めから終わりまで、地域についても北海道から沖縄までを取り上げるスケール感はかつてない規模です。

1950年代に岡本太郎らが芸術的価値を見出したといわれ、近年再び注目され、評価が高まっている「縄文の美」を知る絶好の機会です。


特別展「縄文-1万年の美の鼓動」
会期
 2018年(平成30年)7月3日(火)から9月2日(日)まで
会場 東京国立博物館 平成館
観覧料 一般1600円(1400円/1300円)、大学生1200円(1000円/900円)、高校生900円(700円/600円)、中学生以下無料
※( )内は前売/20人以上の団体料金
※前売は7月2日(月)まで


国宝 土偶 縄文のビーナス 長野・茅野市蔵(茅野市尖石縄文考古館保管) 長野県茅野市 棚畑遺跡出土
展示期間:7月31日(火)~9月2日(日) 縄文時代(中期)・前3000~前2000年 



国宝 土偶 縄文の女神 山形県蔵(山形県立博物館保管) 山形県舟形町 西ノ前遺跡出土 縄文時代(中期)・前3000~前2000年 



重要文化財 人形装飾付有孔鍔付土器 山梨・南アルプス市教育委員会蔵 山梨県南アルプス市 鋳物師屋遺跡出土 縄文時代(中期)・前3000~前2000年 



重要文化財 遮光器土器 東京国立博物館蔵
青森県つがる市木造亀ヶ岡出土 縄文時代(晩期)・前1000~前400年 





■■■■特別展「縄文-1万年の美の鼓動」観覧券プレゼント■■■■


特別展「縄文-1万年の美の鼓動」の開催を記念して、観覧券をMedia & Communication読者の5組10名様にプレゼントいたします。

以下のフォームより、お名前、メールアドレス、ご住所をお書きになり、ご応募ください。

締め切りは、2018年(平成30年)7月2日24時です。

※Media & Communication のプライバシー・ポリシーはこちらをご覧ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号・ご住所 (必須)

本サイトの特別展「縄文-1万年の美の鼓動」の記事へは、どのような経路で来ましたか?(例:検索エンジン、ツイッター、フェイスブック、本サイトの関連記事、他サイトのリンク など) (任意)

特別展「縄文-1万年の美の鼓動」への思いなどがありましたら、お書き下さい (任意)

アートやアート鑑賞に対する悩み・疑問がありましたら、お書き下さい (任意。お送りいただいた場合、当サイト編集部の蓬田・宮川が可能な限り対応いたします。(^_^) )

アートで“幸せ”になった体験がありましたら教えて下さい(例:ルノワールの作品を見ると若いときの気持ちを思いだして元気になる、ミュージアムショップで買ったかわいい小物を仕事場に飾っていると仕事がはかどる気がする、など) (任意)

Tags:
Posted in アート, 歴史 | Comments Closed

Related Posts