アート

Posted on 2018-05-26
【招待券プレゼント】名宝約120件が一堂に「京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-」




重要文化財「如意輪観音坐像」 平安時代、醍醐寺蔵、画像提供:奈良国立博物館、撮影:森村欣司 


中国でのべ80万人以上を集めた展覧会を東京と福岡で開催
2018年(平成30年)9月19日(水)から11月11日(日)まで、東京・六本木のサントリー美術館で「京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-」が開催されます。

2016年に中国の上海と西安で開催され、のべ80万人以上が来場して好評を得た展覧会が、東京と福岡で記念開催されるものです。

醍醐寺に伝わる約15万点の寺宝から選りすぐりの名宝約120件(うち国宝36件、重要文化財60件)が展示されます。

もと薬師堂の本尊「薬師如来坐像」や「如意輪観音坐像」などの傑作をはじめ、絵画、書跡、工芸などが一堂に会します。

貴重な展示品を通じて、平安時代から近世に至る醍醐寺の変遷がたどれる内容です。

醍醐寺について
京都の山科にある醍醐寺は貞観16年(874)に理源大師聖宝によって開かれて以来、歴史の表舞台で重要な役割を果たしてきた名刹です。

真言密教のうちでも特に、加持祈祷や修法などの実践を重視する寺として発展し、その本尊となる彫刻や絵画、修法で用いる仏具など、9世紀の開創期からの名宝が数多く伝わっています。

また、修法の次第や方法、本尊の図像についての記録、時々の為政者からの帰依を示す文書などは7万点近くに及びます。


京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-
会期
 2018年(平成30年)9月19日(水)から11月11日(日)まで
会場 サントリー美術館
入館料 一般1500円(1300円)
※( )内は前売料金

巡回情報
会場 九州国立博物館(福岡)
会期 2019年(平成31年)1月29日~3月24日


国宝「醍醐寺縁起」 江戸時代、醍醐寺蔵、画像提供:奈良国立博物館、撮影:佐々木香輔 



国宝「薬師如来坐像」 平安時代、醍醐寺蔵、画像提供:奈良国立博物館、撮影:佐々木香輔 



国宝「訶梨帝母像」 平安時代、醍醐寺蔵、画像提供:奈良国立博物館、撮影:佐々木香輔 



重要文化財「扇面散図屏風」 俵屋宗達筆 江戸時代、醍醐寺蔵、画像提供:奈良国立博物館、撮影:佐々木香輔 






■■■■「京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-」招待券プレゼント■■■■


「京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-」の開催を記念して、サントリー美術館で使うことができる招待券をMedia & Communication読者の5組10名様にプレゼントいたします。

以下のフォームより、お名前、メールアドレス、ご住所をお書きになり、ご応募ください。

締め切りは、2018年(平成30年)9月18日24時です。

※Media & Communication のプライバシー・ポリシーはこちらをご覧ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号・ご住所 (必須)

本サイトの「京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-」の記事へは、どのような経路で来ましたか?(例:検索エンジン、ツイッター、フェイスブック、本サイトの関連記事、他サイトのリンク など) (任意)

「京都・醍醐寺-真言密教の宇宙-」への思いなどがありましたら、お書き下さい (任意)

アートやアート鑑賞に対する悩み・疑問がありましたら、お書き下さい (任意。お送りいただいた場合、当サイト編集部の蓬田・宮川が可能な限り対応いたします。(^_^) )

アートで“幸せ”になった体験がありましたら教えて下さい(例:ルノワールの作品を見ると若いときの気持ちを思いだして元気になる、ミュージアムショップで買ったかわいい小物を仕事場に飾っていると仕事がはかどる気がする、など) (任意)

Tags:,
Posted in アート | Comments Closed

Related Posts