アート

Posted on 2018-09-07
「神々のやどる器-中国青銅器の文様-」中国古代の精神世界を探求




《虎卣》 商時代後期 泉屋博古館 


中国青銅器の文様に焦点
中国青銅器は今から三千年以上前に誕生しました。

世界史上にもまれに見る複雑な造形へと発達した殷周青銅器は、中国のみならず、日本の伝統的な金属工芸品にも多大な影響を与えています。

また、漢代以降に流行した銅鏡には、様々な神、仙人、獣が描かれ、そこに映し出された世界には、古代の人々の思想を活き活きと読み取ることができます。

今回の展覧会では、中国青銅器の文様に焦点を当て、古代中国の卓越した技と、それによって表された古代の精神世界を探求します。

世界的にも名高い住友コレクションの名品を通じて、古代中国の世界を堪能してみてはいかがでしょうか。

神々のやどる器-中国青銅器の文様-
会期
 2018年(平成30年)11月17日(土)から12月24日(月・祝)まで
会場 泉屋博古館分館
観覧料 一般800円(640円)、大高生800円(480円)、中学生以下無料
※( )内は20人以上の団体料金


《犠首方尊》 商時代後期 泉屋博古館 



【重要文化財】《画文帯同向式神獣鏡》 三国時代(3世紀) 泉屋博古館 






■■■■ たくさんのご応募ありがとうございました。締め切りました。「神々のやどる器 -中国青銅器の文様-」招待券プレゼント■■■■


「神々のやどる器 -中国青銅器の文様-」の開催を記念して、招待券をMedia & Communication読者の5組10名様にプレゼントいたします。

以下のフォームより、お名前、メールアドレス、ご住所をお書きになり、ご応募ください。

締め切りは、2018年(平成30年)11月16日24時です。


※Media & Communication のプライバシー・ポリシーはこちらをご覧ください。

Posted in アート | Comments Closed

Related Posts