アート / マーケティング

Posted on 2018-10-04
アートでビジネス力を磨く! 対話型美術鑑賞プログラム






ビジネスに不可欠な「本質」を捉えるアートワークショップ
ポーラ美術館(神奈川県・箱根町)は、ビジネスのための対話型美術鑑賞プログラム「ビジネスのためのアート・ワークショップ」を2018年10月から本格始動させました。

対話型の美術鑑賞とは、講師が知識を授けるのではなく、参加者と対話をしながら作品を鑑賞し、自由な発想を引き出すものです。

今回のプログラムでは、対話型の美術鑑賞を通して、これからのビジネスシーンにおいて欠かすことのできない「感受性・洞察力を高め、本質を捉える力」「多様性を認識し、受容する力」「多様な情報を分析・総合しながら考察し、隠れた要素やストーリーを引き出す力」「感じたことを言語化し、論理的に伝える力」などを育成します。

体験版ショートプログラム(所要時間:約2時間)と、実践版プログラム(所要時間:約3時間)の2種類があります。

プログラムの参加には事前の予約が必要です。定員は5~20名(グループのみ)。受講料は1グループにつき、体験版ショートプログラムが2万円、 実践版プログラムが3万円(共に税込)。当日の入館券が必要です。

参加申し込み方法
ポーラ美術館HP「ビジネスのためのアート・ワークショップ」のお申し込みフォーム (https://www.polamuseum.or.jp/home/aws_inquiry/)よりお申し込みください。

 


 



Posted in アート, マーケティング | Comments Closed

Related Posts