アート

Posted on 2018-12-07
【招待券プレゼント】「クリムト展 ウィーンと日本 1900」油彩画を中心に過去最多20点以上のクリムト作品を展示




グスタフ・クリムト《ユディトⅠ》
1901年 油彩、カンヴァス 84×42cm
ウィーン、ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館 © Belvedere, Vienna, Photo: Johannes Stoll 


ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館が全面協力
2019年(平成31年)4月23日(火)から7月10日(水)まで、東京・上野公園の東京都美術館で、グスタフ・クリムト(1862~1918年)の傑作が一堂に会する「クリムト展 ウィーンと日本 1900」が開催されます。

2018年のクリムト没後100年、2019年の日本オーストリア友好150周年を記念して企画されたもので、クリムト作品の世界的な殿堂であるベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館の全面協力を得て実現しました。

会場には油彩画を中心に、《ユディトⅠ》《ヘレーネ・クリムトの肖像》など過去最多の20点以上が集まります。東京では約30年ぶりとなる待望の大規模展です。

全長34mに及ぶ壁画《ベートーヴェン・フリーズ》の精巧な原寸大複製も見どころです。クリムトが40歳のころに手がけたもので、ベートーヴェンの交響曲第9番に着想を得ました。

黄金の甲冑で武装した騎士が幸福を求めて敵に向かい、楽園にたどり着くまでの旅路が、絵巻物のように展開します。ラストは天使たちによる合唱と男女の接吻で締めくくられます。金やガラス、真珠層などの素材が用いてあり、クリムトの「黄金様式」の時代を代表する傑作です。

日本への憧憬が垣間見えるクリムト作品も紹介
1900年ごろのウィーンでは、本格的な日本美術の展覧会が開催されたり、専門書が刊行されたりと、日本美術は大きな注目を集めており、クリムトも研究していました。

本展ではクリムトに影響を与えた日本からの輸出工芸品や、日本への憧憬が垣間見えるクリムト作品、同時代の画家の作品も紹介されます。


クリムト展 ウィーンと日本 1900
会期
 2019年(平成31年)4月23日(火)から7月10日(水)まで
会場 東京都美術館 企画展示室
観覧料 一般1600円(1400円)、大学生・専門学校生1300円(1100円)、高校生800円(600円)、65歳以上1000円(800円)、中学生以下無料 
※(  )内は20人以上の団体および前売料金
 
巡回情報
愛知会場
会期
 2019年7月23日(火)から10月14日(月・祝)まで
会場 豊田市美術館(愛知県豊田市)


グスタフ・クリムト《ヌーダ・ヴェリタス(裸の真実)》 1899年 油彩、カンヴァス 252×55.2cm オーストリア演劇博物館 © KHM-Museumsverband 



グスタフ・クリムト《ヘレーネ・クリムトの肖像》 1898年 油彩、厚紙 59.7×49.9cm
ベルン美術館(個人から寄託) Kunstmuseum Bern, loan from private collection 



グスタフ・クリムト《ベートーヴェン・フリーズ》(部分) 1984年(原寸大複製/オリジナルは1901-1902年) 216×3438㎝ ウィーン、ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館 © Belvedere, Vienna, Photo: Johannes Stoll 



同上 



グスタフ・クリムト《アッター湖畔のカンマー城III》 1909/1910年 油彩、カンヴァス 110×110cm ウィーン、ベルヴェデーレ宮オーストリア絵画館 © Belvedere, Vienna, Photo: Johannes Stoll 






■■■■ 「クリムト展 ウィーンと日本 1900」(東京会場)招待券プレゼント■■■■


「クリムト展 ウィーンと日本 1900」の開催を記念して、東京都美術館で使うことができる招待券をMedia & Communication読者の5組10名様にプレゼントいたします。

以下のフォームより、お名前、メールアドレス、ご住所をお書きになり、ご応募ください。

締め切りは、2019年(平成31年)4月22日24時です。

※Media & Communication のプライバシー・ポリシーはこちらをご覧ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号・ご住所 (必須)

本サイトの「クリムト展 ウィーンと日本 1900」の記事へは、どのような経路で来ましたか?(例:検索エンジン、ツイッター、フェイスブック、本サイトの関連記事、他サイトのリンク など) (任意)

「クリムト展」への思いなどがありましたら、お書き下さい (任意)

アートやアート鑑賞に対する悩み・疑問がありましたら、お書き下さい (任意。お送りいただいた場合、当サイト編集部の蓬田・宮川が可能な限り対応いたします。(^_^) )

アートで“幸せ”になった体験がありましたら教えて下さい(例:ルノワールの作品を見ると若いときの気持ちを思いだして元気になる、ミュージアムショップで買ったかわいい小物を仕事場に飾っていると仕事がはかどる気がする、など) (任意)

Tags:
Posted in アート | Comments Closed

Related Posts