マーケティング / セミナー

Posted on 2011-11-30
デジタルサイネージワークショップ、12月東京で開催




 Writer:宮川由紀子




2011年12月13日(火)および14日(水)の2日間、東京都千代田区において「ITU デジタルサイネージワークショップ」が開催されます。


ITUとは国際電気通信連合のことです。


このワークショップは、デジタルサイネージの国際標準化を推進することを目的として、標準化の取り組み、サービス事例や普及にあたっての課題についての意見交換を行うものです。


国際標準化機関、フォーラム・団体、各国の電気通信主管庁、電気通信事業者、メーカーの関係者等200名程度の参加が予定されています。


プログラム内容は基調講演、国内事例や海外事例の紹介のほか、トレインチャンネルや自販機サイネージといった実際の事例を見学する「東京デジタルサイネージツアー」も企画されています。

また、デジタルサイネージの実機の展示・デモンストレーションも実施されます。







デジタルサイネージ(電子看板)は広告・宣伝のほか、災害時の情報伝達手段としての役割も期待されています。


総務省情報通信審議会「情報通信分野における標準化政策の在り方(平成23年2月10日諮問第18号)中間答申」において、デジタルサイネージは標準化の重点的分野の一つとされています。


我が国の取り組みを世界各国の関係者に広く紹介し、同分野の標準化活動の一層の推進につなげることが期待されています。




開催概要

日時:2011年12月13日(火)-14日(水)

会場:富士ソフトアキバプラザ 5階 アキバホール
    (〒101-0022 東京都千代田区神田練塀町3)

主な内容:国際標準化機関、フォーラム・団体等における標準化の取組状況や各国のデジタルサイネージの普及に向けた取組などについて情報交換を予定。

詳細 ITU(英文)

    イベントオフィシャルWebサイト







Posted in マーケティング, セミナー | Comments Closed

Related Posts