マーケティング / 出版

Posted on 2012-06-11
日本最大級の本の祭典「東京国際ブックフェア」、2012年7月5日から東京ビッグサイトで




多くの来場者でにぎわう東京国際ブックフェアの会場


 Writer:宮川由紀子

日本最大級の本の展示会「東京国際ブックフェア」が2012年7月5日から8日まで(7日、8日は一般公開日)、東京ビッグサイトで開催されます。世界25 カ国800 社から、ありとあらゆる本が一堂に集結。版権取引や仕入れ取引が行われます。

豪華著名人がずらりと揃ったセミナーも多数開催。現在出版業界で話題となっている「電子書籍」、「著作権」、「流通」などのテーマが色濃く反映されており、課題、現状、展望など、まさに「出版業界の今」がわかる展示会となります。

■ 版権の取引も 次のハリー・ポッターもここから生まれる?

全国各地、世界中の出版社が出展し、文芸書、実用書などの一般書からコミック、児童書、学術書など専門書まで、あらゆるジャンルの本が揃います。

国内32大学の出版部が出版する書籍、人気カフェを手がける出版社によるお洒落な本、美麗な妖怪画集、1200点の図版でよむ「文字の大図鑑」など、普段なかなか目にすることのない書籍も出品され、仕入れのために全国各地から書店、編集者、図書館・教育関係者などが来場します。

また、イタリア、サウジアラビア、台湾、トルコ、ベルギーなど、世界中から、各国の人気書籍が出品され、版権の取引が行われるのは国際展ならでは。次のハリー・ポッターも、ここで生まれるかもしれません。

■ 国際電子出版EXPO(e-Books)にはインド、韓国、米、ギリシャほか、世界中から出展

ほぼ同時2012年7月4日(水)から6日(金)まで開催される国際電子出版EXPOは、eBooks分野では世界最大級の展示会です。日本全国、そして世界中から電子書籍に関するあらゆる最先端のソリューションや端末、コンテンツが一堂に集結し、電子出版に関する様々な商談が行われます。

今年は、世界的な電子出版の標準化団体である国際電子出版フォーラム(IDPF)が、この会期にあわせてコンファレンスを開催するなど、世界中の注目がこの3日間に集まっています。

■新品の本を特別価格で購入するチャンス!

文芸書、実用書などの一般書からコミック、児童書、学術書など専門書まで、あらゆるジャンルの本が特別価格で購入できます。(※一部例外もあります)

約5万冊以上の洋書を30-80%OFFで購入することができる「洋書バーゲンコーナー」も必見。本好きの方には見逃せないイベントです。


第19回東京国際ブックフェア」(TIBF2012) 公式サイト





Posted in マーケティング, 出版 | Comments Closed

Related Posts