アート

Posted on 2019-12-03
【招待券プレゼント】特別展「江戸ものづくり列伝-ニッポンの美は職人の技と心に宿る-」



梨子地藤巴立葵紋散松竹藤文蒔絵行器 江戸時代 18世紀 ベニス東洋美術館蔵 


ベニス東洋美術館所蔵「バルディコレクション」が日本初公開
令和2年(2020年)2月8日(土)から4月5日(日)まで、両国の東京都江戸東京博物館で、特別展「江戸ものづくり列伝-ニッポンの美は職人の技と心に宿る-」が開催されます。

日本の伝統美術は、日本人の暮らしとともにありました。四季折々の生活シーンに応じて配される建具や調度品は、人びとに潤いと彩りを与えました。

この特別展は、日本人の豊かな遊び心と繊細な美意識を作り上げてきた「ものづくり」に生きる職人たちに焦点を当てた展覧会です。

構成は次のとおりです。

【第1章】 伯爵が愛したニッポン-初来日 バルディコレクション-
【第2章】 武士の都のものづくり
【第3章】 江戸の蒔絵師 羊遊斎と是真
【第4章】 鬼才の陶工・三浦乾也と隅田川のやきもの
【第5章】 府川一則-北斎の愛弟子が歩んだ金工の道-
【第6章】 大正昭和に生きた江戸の技-小林礫斎のミニチュア工芸-

蒔絵師の原羊遊斎(はらようゆうさい)と柴田是真(しばたぜしん)、陶工・三浦乾也(みうらけんや)、金工師・府川一則(ふかわかずのり)、ミニチュア工芸の小林礫斎(こばやしれきさい)といった、特色のある名工たちが取り上げられます。

日本で初公開されるベニス東洋美術館所蔵の「バルディコレクション」も大きな見どころです。
  

特別展「江戸ものづくり列伝-ニッポンの美は職人の技と心に宿る-」
会期
 令和2年(2020年)2月8日(土)から4月5日(日)まで ※会期中に一部展示品の入れ替えあり
会場 東京都江戸東京博物館 1階特別展示室
開館時間 午前9時30分から午後5時30分まで(土曜は午後7時30分まで) ※入館は閉館の30分前まで
休館日 毎週月曜日(ただし2月24日は開館)、2月25日(火)
観覧料 一般1100円(880円)、大学生・専門学校生880円(700円)、小学生・中学生・高校生・65歳以上550円(440円)、未就学児童無料
※( )内は20人以上の団体料金。
問い合わせ  03-3626-9974(代)
https://www.edo-tokyo-museum.or.jp

  

蔓梅擬目白蒔絵軸盆 原羊遊斎/蒔絵、酒井抱一/下絵
文政4年(1821) 江戸東京博物館蔵 ※国指定重要文化財
(展示期間:2月8日~3月8日) 


 

小塚原図 柴田是真・菊池容斎・鈴木守一・加納夏雄/合作 安政2年(1855) 江戸東京博物館蔵 (展示期間:3月10日~4月5日) 


 

栄螺形香炉 三浦乾也/作 明治時代(19世紀) 個人蔵 


 

蓮花図鐔 府川一則(初代)/作 江戸時代(19世紀)
江戸東京博物館蔵 


 

文机硯箱揃 銘 寺小屋 小林礫斎/作 大正~昭和時代(20世紀) 江戸東京博物館蔵 

  




■■■■ 特別展「江戸ものづくり列伝-ニッポンの美は職人の技と心に宿る-」招待券プレゼント■■■■


特別展「江戸ものづくり列伝-ニッポンの美は職人の技と心に宿る-」の開催を記念して、M&Cの読者の中からチケットを5組10名様にをプレゼントいたします。

以下のフォームより、お名前、メールアドレス、ご住所をお書きになり、ご応募ください。

締め切りは、2020年2月7日24時です。

※Media & Communication のプライバシー・ポリシーはこちらをご覧ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号・ご住所 (必須)

本サイトの特別展「江戸ものづくり列伝-ニッポンの美は職人の技と心に宿る-」の記事へは、どのような経路で来ましたか?(例:検索エンジン、ツイッター、フェイスブック、本サイトの関連記事、他サイトのリンク など) (任意)

特別展「江戸ものづくり列伝-ニッポンの美は職人の技と心に宿る-」への思いなどがありましたら、お書き下さい (任意)

アートやアート鑑賞に対する悩み・疑問がありましたら、お書き下さい (任意)

アートで“幸せ”になった体験がありましたら教えて下さい(例:ルノワールの作品を見ると若いときの気持ちを思いだして元気になる、ミュージアムショップで買ったかわいい小物を仕事場に飾っていると仕事がはかどる気がする、など) (任意)

0
Tags:
Posted in アート | Comments Closed

Related Posts