アート

Posted on 2017-09-09
【招待券プレゼント】中国・明末清初に生きた典雅と奇想の画家たち




米万鍾 「柱石図」 明・17世紀 根津美術館 植村和堂コレクション 


東京・六本木の泉屋博古館分館で特別展「典雅と奇想 明末清初の中国名画展」
中国において16世紀後期から17世紀前期は、反乱や飢饉などにより明朝の政治経済は混乱、ついには北方民族の満州族による清朝が起こります。

この時代、正統派の画家が活躍する一方で、正統派の典雅な趣や山水表現に背を向けた異端の画家たちが現れました。

呉彬(ごひん)、徐渭(じょい)、石濤(せきとう)、八大山人(はちだいさんじん)などの画家たちは非常に個性的で、人目を驚かすような奇想的とも言える造形を生み出しました。

彼らの作品は、中国絵画史の中では長く等閑視されてきましたが、近年の研究によって、その造形的魅力が広く認識されはじめてきています。

今回の展覧会は、泉屋博古館のコレクションを軸として、他の美術館・博物館所蔵の名品優品を加えて、「典雅と奇想」という切り口で明末清初の中国絵画を見直すものです。


特別展 典雅と奇想 明末清初の中国名画展
会期
 2017年(平成29年)11月3日(金・祝)から12月10日(日)まで
前期:11/3(金・祝)~11/19(日)、後期:11/21(火)~12/10(日)
会場 泉屋博古館分館
入館料 一般800円(640円)、高大生600円(480円)、中学生以下無料
※( )内は20名以上の団体割引料金


呉彬 「渓山絶塵図」 明・万暦43年(1615年) 橋本コレクション 画像提供:東京国立博物館 Image:TNM Image Archives 



龔賢 「山水長巻」(部分) 清・17世紀 泉屋博古館 



重要文化財 石濤 「黄山図巻」(部分) 清・康煕38年(1699年) 泉屋博古館 






■■■■「特別展 典雅と奇想 明末清初の中国名画展」 招待券プレゼント■■■■


開催を記念して、「特別展 典雅と奇想 明末清初の中国名画展」の招待券を、Media & Communication読者の5組10名様にプレゼントいたします。

以下のフォームより、お名前、メールアドレス、ご住所をお書きになり、ご応募ください。

締め切りは、2017年(平成29年)11月2日24時です。

※Media & Communication のプライバシー・ポリシーはこちらをご覧ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号・ご住所 (必須)

本サイトの「特別展 典雅と奇想 明末清初の中国名画展」の記事へは、どのような経路で来ましたか?(例:検索エンジン、ツイッター、フェイスブック、本サイトの関連記事、他サイトのリンク など) (任意)

典雅と奇想展への思いなどがありましたら、お書き下さい (任意)

アートに対する悩み・疑問がありましたら、お書き下さい (任意。お送りいただいた場合、当サイト編集部の蓬田・宮川が可能な限り対応いたします。(^_^) )

アートで“幸せ”になった体験がありましたら教えて下さい(例:ルノワールの作品を見ると若いときの気持ちを思いだして元気になる、ミュージアムショップで買ったかわいい小物を仕事場に飾っていると仕事がはかどる気がする、など) (任意)

Posted in アート | Comments Closed

Related Posts