スポーツ

Posted on 2019-05-21
特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」東京2020大会に向け開催


「極暑あそび」歌川豊国(三代)/画1852年(嘉永5)早稲田大学演劇博物館蔵
[展示期間:7月6日(土)~28日(日)] 


東京2020大会を盛り上げる内容
2019年(令和元年)7月6日(土)から8月25日(日)まで、東京・両国の東京都江戸東京博物館で、特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」が開催されます。

東京で2度目となる2020年オリンピック・パラリンピックの1年前に、日本におけるスポーツとオリンピックの歴史を紐解く内容です。

構成は次のとおりです。
 第1章 江戸の「スポーツ」事情
 第2章 近代スポーツと東京
 第3章 オリンピックへの道
 第4章 1964年東京オリンピック・パラリンピック
 第5章 2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けて

日本における「スポーツ」前史に着目、まず、江戸時代の人々がどのような運動や競技を行い、あるいは見物して楽しんだのか、絵画や道具類などの資料によって紹介します。

その後、近代以降に西洋からもたらされたスポーツをどのように受容し、親しんでいったのかを振り返ります。

さらに、オリンピックへの出場・開催を目指した人々の栄光と挫折、そして1964年東京オリンピック・パラリンピック開催までの歴史を展観します。

東京2020大会が待ち遠しくなる展覧会です。

特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」
会期
 2019年(令和元年)7月9日(火)から8月25日(日)まで
会場 東京都江戸東京博物館 1階特別展示室
観覧料 特別展専用券:一般1000円(800円)、大学生・専門学校生500円(400円)、中学生[都外]・高校生・65歳以上500円(400円)、特別展・常設展共通券:一般1280円(1020円)、大学生・専門学校生780円(620円)、中学生[都外]・高校生・65歳以上640円(510円)
※(  )内は20人以上の団体料金
特別展前売券:一般800円、大学生・専門学校生300円、中学生[都外]・高校生・65歳以上300円
※都内の中学生・小学生以下は無料

『戸外遊戯法』坪井玄道、田中盛業/編 1885年(明治18) 東京都江戸東京博物館蔵 

三島弥彦ユニフォーム(陸上) 三島弥彦/使用 1912年(明治45) 秩父宮記念スポーツ博物館蔵 

織田幹雄金メダル(三段跳) 織田幹雄/所有 1928年(昭和3) 織田正雄・織田和雄蔵 




■■■■ たくさんのご応募ありがとうございました。締め切りました特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」招待券プレゼント■■■■


特別展「江戸のスポーツと東京オリンピック」の開催を記念して、招待券をMedia & Communication読者の5組10名様にプレゼントいたします。

以下のフォームより、お名前、メールアドレス、ご住所をお書きになり、ご応募ください。

締め切りは、2019年7月8日24時です。

※Media & Communication のプライバシー・ポリシーはこちらをご覧ください。

0
Posted in スポーツ | Comments Closed

Related Posts