歴史 / ライフ / フード

Posted on 2020-02-04
特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」食材、技術、歴史を紹介



卑弥呼の食卓の再現模型 大阪府立弥生文化博物館蔵 

新型コロナウイルス感染防止のため、開幕が延期されていましたが、このたびの緊急事態宣言の延長に伴い、中止となりました。

卑弥呼の食卓や織田信長の本膳料理も登場
2020年(令和2年)3月14日(土)から6月14日(日)まで※、東京・上野公園の国立科学博物館で特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」が開催されます。

2013年に「和食;日本人の伝統的な食文化」がユネスコ無形文化遺産登録を受けて以来、世界各地で関心が高まっている和食について、多角的な視点から迫る、国立科学博物館として初めての大規模特別展です。

明治時代以降に広まった日本独自の「洋食」などにも目を向けつつ、日本列島の自然がもたらした多様な食材、人々の知恵で作り出された発酵などの技術、古代から未来をも見据えた和食の歴史的変遷などが、バラエティ豊かな標本や資料、そしてインタラクティブな映像演出を交えて、わかりやすく紹介されます。

卑弥呼の食卓、平城京から出土した木簡をもとに再現した宴会料理、織田信長が徳川家康をもてなした本膳料理、明治天皇の午餐会(1887(明治20)年5月13日)の料理などの再現模型が登場。縄文時代から今日まで、海外とのさまざまな交流を通じて成立してきた和食の歴史、その背景にある人々の知恵や技術の発展などの紹介も見どころです。

展覧会を見終わったあと、家でも楽しめるよう、展示に関連する料理レシピがQRコードで持ち帰れます。 
 
  
特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」
会期
 2020年(令和2年)3月14日(土)から6月14日(日)まで
新型コロナウイルス感染防止のため、開幕が延期されていましたが、このたびの緊急事態宣言の延長に伴い、中止となりました。
開館時間 午前9時~午後5時(金曜日・土曜日は午後8時まで)
※ただし、4月26日(日)・29日(水・祝)、5月3日(日・祝)~5日(火・祝)は午後8時まで、4月27日(月)・28日(火)・30日(木)、5月6日(水・休)は午後6時まで
※入場は30分前まで
※開幕が延期となりました。詳細は展覧会公式サイトをご確認ください。
休館日 月曜日、5月7日(木)・19日(火)
※ただし、3月30日(月)、4月27日(月)、5月4日(月・祝)・18日(月)、6月8日(月)は開館
※開館時間や休館日等は変更になる場合があります。公式サイト等で確認ください。
会場 国立科学博物館
観覧料金 一般・大学生1700円(1500円)、小・中・高校生600円(500円)
※( )内は前売り料金
お得なチケット等の詳細は公式サイトをご覧ください。
公式サイト https://washoku2020.jp 
  

奈良時代の貴族の宴会料理の再現模型 奥村彪生監修 奈良文化財研究所蔵 


 

織田信長が徳川家康をもてなした本膳料理(1582(天正10)年5月15日)の再現模型 奥村彪生監修 御食国若狭おばま食文化館蔵 


 

明治天皇の午餐会(1887(明治20)年5月13日)の料理の再現模型 明治記念館蔵 


 

野菜や魚介類など250点以上の標本や模型が並ぶ展示室(イメージ) 


 

食糧資源の確保、宇宙生活を目指した研究開発など、和食の未来に向けた最新情報も展示される。画像はITの活用によって料理を手助けするスマートキッチン家電「Oicy Taste」 画像提供:クックパッド 


 

映像展示の様子(イメージ)。高精細映像や触れて楽しむデジタルアートで和食の世界を体感 


  
 




■■■■ 開催中止になりました。特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」招待券プレゼント■■■■


特別展「和食 ~日本の自然、人々の知恵~」の開催を記念して、M&Cの読者の中から5組10名様にチケットをプレゼントいたします。

以下のフォームより、お名前、メールアドレス、ご住所をお書きになり、ご応募ください。

締め切りは、2020年3月13日24時です。
新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止のため、開幕が延期されていますので、開幕当日まで応募を受け付けます。

新型コロナウイルス感染防止のため、開幕が延期されていましたが、このたびの緊急事態宣言の延長に伴い、中止となりました。

ご応募いただいた方にはお詫び申し上げます。

※Media & Communication のプライバシー・ポリシーはこちらをご覧ください。
 

2+
Posted in 歴史, ライフ, フード | Comments Closed

Related Posts