クリエイティブ

Posted on 2012-10-22
アド・ミュージアム東京で「D&AD賞2012展」  
世界から選りすぐりのクリエイティブ作品を展示。


Writer:蓬田(よも)修一

東京・新橋にあるアド・ミュージアム東京で、2012年10月18日から11月18日までの会期で、「D&AD賞2012展」が開催されています。

D&AD賞は今年、創設50周年を迎えました。記念すべき年にブラック・ペンシル(最高賞)を受賞した作品は、内戦下にあるコロンビアのクリスマスをテーマにした社会的キャンペーンでした。

D&ADは、デザインや広告に携わる人々に、より良い世界をつくるためにクリエーティブとコミュニケーションの力を生かそうとアピールしていますが、そのメッセージにふさわしい受賞作といえるでしょう。

本展では、ブラック・ペンシル、イエロー・ペンシルおよび学生賞の受賞作、そしてノミネーションから選りすぐりの作品を紹介します。

「D&AD賞2012展」開催概要
会 期:2011年10月18日(木)-11月18日(日)
会 場:アド・ミュージアム東京
休館日:月曜日(月曜日が祝日・振替休日の場合は火曜日)
主 催:公益財団法人吉田秀雄記念事業財団/D&AD
協 力:電通
入場料:無料

D&ADについて

1962年創設のデザイナー、クリエーターによる非営利組織(本部はイギリス)。1963年に始まったD&AD賞は、あらゆる分野のデザインやクリエーティブを対象に、次の時代を切り開くような卓越したクリエーティブを顕彰する国際的な賞です。

D&ADのゆるがぬ姿勢のもとで選考されるD&AD賞は、審査の厳しさで定評があり、世界中のクリエーターが憧れる最高峰のクリエーティブ賞と言えます。

ブラック・ペンシル賞

ブラック・ペンシル賞に輝いた作品を紹介しましょう。コロンビア防衛省がクリスマスにゲリラに向けて実施したキャンペーンです。






部門:Direct Response/Ambient
タイトル:Rivers of Light 光の川
広告主:Ministry of Defense コロンビア防衛省
応募者:LOWE/SSP3 ローウェ/エスエスピー3
国名:Colombia コロンビア

解説

内戦下のコロンビアで、クリスマスの時期に、大統領をはじめ多くの国民が参加してある軍事作戦が敢行された。その作戦とは、(コロンビア防衛省のラジオによるよびかけに応じた)ゲリラの家族からの手紙、クリスマスメッセージや贈り物を光るカプセルに入れて密封し、ゲリラ基地の近くの川に浮かべるものだった。集ったメッセージの数は6823通にものぼり、そのメッセージと光がゲリラを家路へと誘った。その結果、6時間に1人の割合でゲリラは基地を離れ家族との再会を果たした。

審査員は、このキャンペーンは「ターゲットに望ましい行動を起こさせる」というダイレクトメールの本来の目的を見事に達成しており、これほど優れたDMは目にしたことがないと称賛した。クリスマスは、全てのことを可能にするのである。


0
Posted in クリエイティブ | Comments Closed

Related Posts