アート / マーケティング / ライフ

Posted on 2018-12-19
六本木、天王洲、羽田空港でサテライトイベント 国際的アート見本市「アートフェア東京2019」


 


“Future Artists Tokyo” “World Art Tokyo”もサテライト会場で展開
日本最大級の国際的アート見本市「アートフェア東京2019」(以下AFT2019)が、2019年(平成31年)3月7日~10日に、東京国際フォーラム(東京・有楽町)で開催されますが、AFTでは初となるサテライトイベントを、東京都内の3か所で開催します。

サテライトイベント会場となるのは、ギャラリーや美術館が集まる六本木、水辺のアートの街天王洲、日本の空の玄関口である羽田空港です。

それぞれのサテライトイベント会場では、創作意欲溢れる芸術系大学生の作品や、国を超えて集まった多様なアーティストの作品が展示されます。

(※サテライトイベント会場は入場無料。会場では、作品販売およびギャラリー出展による作品の展示販売は行いません)

サテライトイベント
六本木会場:住友不動産六本木グランドタワー 駅前広場
会期:3月7日(木)~10日(日)

天王洲会場:寺田倉庫T-ART HALL
会期:3月5日(火)~10日(日)

羽田空港会場:羽田空港国内線 第2旅客ターミナル 2F出発ロビー
会期:3月5日(火)~10日(日)

AFT2019会場(東京国際フォーラム)のパブリックスペース「ロビーエキシビションエリア」で開催される、国内芸術系大学と連携した“Future Artists Tokyo”展と、大使館と連携し各国の次世代アーティストを紹介する国際展“World Art Tokyo”展の関連企画展も、3か所のサテライト会場で展開されます。

さらに、同時期開催の2つのアートフェア「ART in PARK HOTEL TOKYO 2019」、「3331 ART FAIR 2019」とも連携。

また、特別協力美術館15館と連携する取り組みも行います。

AFT2019は、東京国際フォーラムを起点に、“アートの街・東京”を広げます。

アートフェア東京2019
会期
 2019年(平成31年)3月7日(木)から10日(日)まで (7日はプライベートビューおよびベルニサージュ、パブリックビューは8日から)
会場 東京国際フォーラム・ホールE
入場料 1DAYパスポート5000円(前売4000円)
※小学生以下は、大人同伴の場合に限り入場無料




0

Related Posts