歴史

Posted on 2019-07-09
【PHOTOレビュー】東博 特別展「三国志」


エントランス入ってすぐのゾーンに展示されている関羽像。青銅製で明時代の作品。新郷市博物館蔵 


最新の三国志研究成果をもとにした展示構成
日本でもゲーム、漫画、人形劇、映画などで幅広く親しまれている中国の「三国志」。東京・上野公園の東京国立博物館では、三国志の最新研究かにもとずいた展覧会が開催中です。

会場には、中国各地の博物館などから来日した、今から1800年ほど前の漢から三国時代の作品が一挙展示されています。

貴重な作品が目白押しですが、特に注目は2009年に発見された河南省の曹操高陵(曹操の墓)からの出土品でしょう。今回、中国国外では初めて一般公開となります。

日中文化交流協定締結40周年記念 特別展「三国志」
会期
 2019年(令和元年)7月9日(火)から9月16日(月・祝)まで
会場 東京国立博物館 平成館
観覧料 一般1600円(1300円)、大学生1200円(900円)、高校900円(600円)、中学生以下無料
※20人以上の団体料金

写真はすべて7月8日の報道内覧会にて編集部撮影

後漢時代の墓に副葬されていた穀倉楼。手前は五層という立派なもの

第3章魏・呉・蜀-三国の鼎立の展示室。武器が紹介されている。天井全体に1000本を超える矢を配置。打ち込まれる先は。。。 三国志読者ならすぐに分かる場面だ 

 

 

 

 

 

 




0
Posted in 歴史 | Comments Closed

Related Posts