クリエイティブ

Posted on 2012-09-23
「東京ゲームショウ2012」 過去最多のタイトル数。大規模ブースのマーケティング施策を紹介。


Writer:蓬田(よも)修一

「東京ゲームショウ2012」が、幕張メッセを会場に、9月20日から23日までの会期で開催されました。
(前半2日間はビジネスデイ、後半2日間は一般公開日)

日本をはじめとする19の国と地域から、国内126、海外83の合計209社が出展しました(昨年は193社)。

出展総小間数は昨年比128.7%の1609小間、出展タイトルは過去最多の1043作品です。

大規模出展ブースは、どこも見ごたえある演出と集客施策でゲームの楽しさを伝えています。

バンダイナムコゲームス。ホール1の一般来場者入口から会場に入ってすぐ目の前。ブースの様子を、ふたつのチャンネルを使って自社サイトで生中継。Channel Aは豊富な作品タイトルの魅力を、Channel BはMCやコンパニオンらによるお楽しみ番組。


レベルファイブ。バンダイナムコブースの斜め後方に位置する。試遊した人には、ゲームショウ限定オリジナルクリアファイルと、作品の最新映像を収録したプレミアムDVDをプレゼント。


コナミ。ブース上方のトラスから取り付けられたビビッドな赤色の装飾がとても印象的。事前に「METAL GEAR RISING REVENGEANCE」 を予約してブースに来ると、 豪華お宝アイテムを全員にプレゼント。


セガ。豊富な種類のグッズプレゼントを用意。ブース内特設スタジオでの番組は、ニコニコ生放送とU-STREMで配信。


ソニー・コンピュータエンタテインメント。ホール4に入ると目の前に現れるSCEブース。PS Vitaを使いブースで女スパイを探す会場限定ゲーム「東京ゲームショウ探偵団」などを展開。参加には事前にアプリダウンロードをしてもらうようにし、ブースへの集客につなげている。


グリー。今年も最大規模のブースで展開。特大ステージでは作品を紹介する「GREE COLLECTION 2012」(写真)を1日4回実施。ブースではうちわを配布し、試遊ごとにスタンプを押し、1~4個集めるとグッズをプレゼント。5個以上集めるとさらに豪華プレゼントが当たる抽選会に参加できる。


カプコン。ブースでは、最新ゲーム映像を収録した「CAPCOM SPECIAL DVD」を配布。映像の中に隠されているキーワードを集めアンケートに答えると「東京ゲームショウスペシャルグッズ詰め合わせセット」を抽選でプレゼント。今年はポスターカレンダーが付いた「CAPCOM PRESS 2012」(小冊子)も配布。


ブシロード。新日本プロレスがブースに特設されたリングで特別試合。新日本プロレス側では、両国国技館の興行のアピールも兼ねる。


デル株式会社

0
Posted in クリエイティブ | Comments Closed

Related Posts