アート

Posted on 2017-10-25
「モネ それからの100年」展 後世の作家にも大きな影響を与えたモネの魅力に迫る




クロード・モネ 《睡蓮》 1906年 油彩、キャンヴァス 吉野石膏株式会社(山形美術館に寄託)


モネ作品を「マチエール」「光」「身体性」から捉え直す新たな試み
2018年7月14日(土)から9月24日(月・祝)まで、横浜・みなとみらいの横浜美術館で「モネ それからの100年」展が開催されます。

印象派を代表する画家、クロード・モネ(1840~1926)。

風景をひたすら見つめ、繰り返し描き続けたその絵画は、いまもなお人々を魅了してやみません。

モネの芸術のもつ独創性、創作上の関心はまた、今日の作家たちにもさまざまな形で引き継がれています。

モネが最晩年の大作《睡蓮》に着手してから約100年。

本展では、モネ作品の特質を「マチエール」「光」「身体性」などのキーワードから捉えなおし、時代を超えて愛されるモネの芸術の魅力に迫ります。

モネの初期から晩年までの絵画約30点に加え、後世代の約30作家の作品群を一堂に展覧。

ロスコ、フランシス、リキテンスタインといった20世紀アートや、絵画のみならず、版画・写真・映像など幅広い分野の現代アートも多数展示し、モネの芸術の革新性や、今日のアートとの間の時代・地域・ジャンルを超えたつながりを浮き彫りにします。

出品作家は次の通りです。(予定)
クロード・モネ
アルフレッド・スティーグリッツ、エドワード・スタイケン、マーク・ロスコ、ヴィレム・デ・クーニング、サム・フランシス、ロイ・リキテンスタイン、ジャン=ポール・リオペル、ジョアン・ミッチェル、アンディ・ウォーホル、ルイ・カーヌ、堂本尚郎、中西夏之、松本陽子、福田美蘭、鈴木理策、丸山直文、湯浅克俊、水野勝規 ほか

なお、本展覧会は横浜美術館での開催に先行して、2018年(平成30年)4月25日(水)から7月1日(日)まで、名古屋市美術館で巡回開催されます。


モネ それからの100年
会期
2018年(平成30年)7月14日(土)から9月24日(月・祝)まで
会場 横浜美術館


福田美蘭 《モネの睡蓮》(部分) 2002年 アクリル、キャンヴァス(パネル貼)、額(既製品) 86.3×116.5×8.3㎝ 大原美術館



クロード・モネ 《柳》 1897-98年頃 油彩、キャンヴァス 71.0×89.5㎝ 個人蔵(国立西洋美術館に寄託)



松本陽子 《振動する風景的画面》 2017年 油彩、キャンヴァス 200.0×250.0cm 個人蔵 © Yoko Matsumoto





Tags:
Posted in アート | Comments Closed

Related Posts