アート

Posted on 2018-06-04
【観覧券プレゼント】肖像芸術の傑作約110点が集合「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ―人は人をどう表現してきたか」




ヴェロネーゼ(本名パオロ・カリアーリ) 《女性の肖像》、通称《美しきナーニ》 1560年頃 Photo © RMN-Grand Palais (musée du Louvre) / Michel Urtado /distributed by AMF-DNPartcom 


ルーヴル美術館の豊かなコレクションを通して肖像芸術の役割や特質を浮き彫りに
2018年(平成30年)5月30日(水)から9月3日(月)まで、東京・六本木の国立新美術館で「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ―人は人をどう表現してきたか」が開催中です。

人の似姿を描く肖像芸術は、古代より長い歴史を持つ芸術ジャンルです。

肖像はいかなる役割を担ってきたのか。

肖像の制作に臨んだ芸術家たちは、どのような素材や手法を用い、どのような表現を生み出してきたのか。

本展覧会は、ルーヴル美術館の豊かなコレクションを通して、肖像芸術の社会的な役割や、その表現上のさまざまな特質を浮き彫りにするものです。

古代オリエント美術、古代エジプト美術、絵画、素描・版画など、ルーヴル美術館全8部門から、各部門を代表する約110点の肖像作品が、時代や地域の垣根を越えて見ることができます。

構成は次の通りです。

プロローグ マスク--肖像の起源
第1章 記憶のための肖像
第2章 権力の顔
第3章 コードとモード
エピローグ アルチンボルド--肖像の遊びと変容

古代エジプトのアメンヘテプ3世、マケドニアのアレクサンドロス大王、ルイ14世をはじめとする歴代のフランス国王、フランス王妃マリー=アントワネットなど、歴史を彩った時の権力者の肖像は見どころです。

とくに、フランス皇帝として名を馳せたナポレオンについては、《アルコレ橋のボナパルト(1796年11月17日)》《戴冠式の正装のナポレオン1世》など5点が展示されていて、彼の激動の人生がたどれます。

16世紀ヴェネツィア派のヴェロネーゼ作《女性の肖像》、通称《美しきナーニ》が27年ぶりに来日しています。

《美しきナーニ》はルーヴル美術館が所属する数々のルネサンスの肖像画の中でも、最高傑作の一つとして名高い作品です。

なお、本展覧会は大阪で巡回開催されます。

ルーヴル美術館展 肖像芸術 ―人は人をどう表現してきたか
会期
 2018年(平成30年)5月30日(水)から9月3日(月)まで
会場 国立新美術館 企画展示室1E
入館料 一般1600円(1400円)、大学生1200円(1000円)、高校生800円(600円)、中学生以下無料
※( )内は20人以上の団体料金
※7月14日(土)~29日(日)は高校生無料観覧日(学生証の提示が必要)

巡回情報
会場 大阪市立美術館
会期 2018年(平成30年)9月22日(土)~2019年(平成31年)1月14日(月・祝)


ジャン=オーギュスト=ドミニク・アングル 《フランス王太子、オルレアン公フェルディナン=フィリップ・ド・ブルボン=オルレアンの肖像》 1842年 Photo © Musée du Louvre, Dist. RMN-Grand Palais / Angèle Dequier /distributed by AMF-DNPartcom 



アントワーヌ=ジャン・グロ 《アルコレ橋のボナパルト(1796年11月17日)》 1796年 Photo © RMN-Grand Palais (musée du Louvre) / Hervé Lewandowski /distributed by AMF-DNPartcom 



セーヴル王立磁器製作所(ルイ=シモン・ボワゾの原作に基づく) 《フランス王妃マリー=アントワネットの胸像》 1782年 Photo © Musée du Louvre, Dist. RMN-Grand Palais / Peter Harholdt /distributed by AMF-DNPartcom 



エリザベート・ルイーズ・ヴィジェ・ル・ブラン 《エカチェリーナ・ヴァシリエヴナ・スカヴロンスキー伯爵夫人の肖像》 1796年 Photo © RMN-Grand Palais (musée du Louvre) / Michel Urtado /distributed by AMF-DNPartcom 






■■■■「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ―人は人をどう表現してきたか」(東京会場)観覧券プレゼント■■■■


「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ―人は人をどう表現してきたか」の開催を記念して、国立新美術館で使うことができる観覧券をMedia & Communication読者の5組10名様にプレゼントいたします。

以下のフォームより、お名前、メールアドレス、ご住所をお書きになり、ご応募ください。

締め切りは、2018年(平成30年)6月30日24時です。

※Media & Communication のプライバシー・ポリシーはこちらをご覧ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号・ご住所 (必須)

本サイトの「ルーヴル美術館展 肖像芸術 ―人は人をどう表現してきたか」の記事へは、どのような経路で来ましたか?(例:検索エンジン、ツイッター、フェイスブック、本サイトの関連記事、他サイトのリンク など) (任意)

「ルーヴル美術館展」への思いなどがありましたら、お書き下さい (任意)

アートやアート鑑賞に対する悩み・疑問がありましたら、お書き下さい (任意。お送りいただいた場合、当サイト編集部の蓬田・宮川が可能な限り対応いたします。(^_^) )

アートで“幸せ”になった体験がありましたら教えて下さい(例:ルノワールの作品を見ると若いときの気持ちを思いだして元気になる、ミュージアムショップで買ったかわいい小物を仕事場に飾っていると仕事がはかどる気がする、など) (任意)

Tags:
Posted in アート | Comments Closed

Related Posts