アート

Posted on 2018-06-14
光と影が織りなすアートの世界 「魔法の美術館 光と遊ぶ、真夏のワンダーランド」




子供も大人も直感的に楽しめる
山梨県立美術館開館40周年記念「魔法の美術館 光と遊ぶ、真夏のワンダーランド」が2018年(平成30年)6月30日から8月26日まで開催されます。

光ったり、動いたり、映像や音が変化したり--。

不思議な作品が集まり、子供も大人も直感的に楽しめる体験型アートの展覧会です。

会場内は撮影OK(フラッシュ不可)、SNSなどへの画像アップもOKです。

作品を体験して、写真を撮って、そして共有して楽しめる展覧会です。

主な展示作品を紹介しましょう。

坪倉輝明《七色小道》
人が通ると色や光が地面に溢れ、まるで七色の道を散歩しているような気分です。

他人が出す色と混じり合うことで、ただ「歩く」という行為が、無意識のうちにお互いに影響を与え合いひとつの作品となります。

坪倉輝明《七色小道》 ©teruaki TSUBOKURA 



的場やすし/山野真吾/徳井太郎《SplashDisplay》
動き回る的にボールを命中させると、色とりどりの光の粒が噴水のように一気に高く舞い上がります。

まるで色の大爆発が起きたようです。

的場やすし/山野真吾/徳井太郎《SplashDisplay》
©yasushi MATOBA/shingo YAMANO/taro TOKUI 協力:電気通信大学小池研究室 



宮本昌典/田中陽《portrait》
額縁の中に自分の肖像画が現れ、動き出します。

宮本昌典/田中陽《portrait》 ©masanori MIYAMOTO/you TANAKA 



宮本昌典/小岩原直志《ensemble silhouette》
五線譜に星のシルエットを置くと、さまざまなメロディが流れます。

宮本昌典/小岩原直志《ensemble silhouette》 ©masanori MIYAMOTO/tadashi KOIWAHARA 



藤本直明《色のある夢》
カラフルな蝶が飛び回る空間に入ると、自分の影が七色になって現れます。

藤本直明《色のある夢》 ©naoaki FUJIMOTO 




魔法の美術館 光と遊ぶ、真夏のワンダーランド
会期
 2018年(平成30年)6月30日(土)から8月26日(日)まで
会場 山梨県立美術館 特別展示室
観覧料 一般1000円(840円)、大学生500円(420円)、高校生以下無料(高校生は生徒手帳持参)
※( )内は20名以上の団体料金、前売料金、県内宿泊者割引料金(前売券は山梨県立美術館で6月29日まで販売)
※県内65歳以上は無料(健康保険証等持参)
※障害者手帳を持参の方、およびその介護をされる方は無料



Tags:
Posted in アート | Comments Closed

Related Posts