アート

Posted on 2019-08-01
【招待券プレゼント】「ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史」時代ごとの特色を浮き彫りに


ディエゴ・ベラスケス 《青いドレスの王女マルガリータ・テレサ》 1659年 油彩/カンヴァス ウィーン美術史美術館 Kunsthistorisches Museum, Wien 


ウィーン美術史美術館が協力
2019年(令和元年)10月19日(土)から2020年(令和2年)1月26日(日)まで、東京・上野公園の国立西洋美術館で「日本・オーストリア友好150周年記念 ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史」が開催されます。

ハプスブルク家は13世紀末にオーストリアへ進出後、同地を拠点に勢力を拡大し、広大な帝国を築き上げました。15世紀以降、神聖ローマ皇帝の位を世襲し、ナポレオン戦争を引き金に同帝国が解体したのちは、後継のオーストリア帝国(1867年にオーストリア・ハンガリー二重帝国に改組)を統治した、まさに欧州随一の名門です。

ハプスブルク家の人々は豊かな財とネットワークを生かして、質量ともに世界屈指のコレクションを築いたことでも知られています。そのうちオーストリアを拠点とし続けた同家本流による蒐集品の主要部分は、今日のウィーン美術史美術館における収蔵品の核となっています。

同展覧会はオーストリアと日本の国交樹立150周年を記念するもので、ウィーン美術史美術館の協力のもと、絵画、版画、工芸品、タペストリー、武具など約100点が紹介されます。

構成は次のとおりです。

1章 ハプスブルク家のコレクションの始まり
2章 ルドルフ2世とプラハの宮廷
3章 コレクションの黄金時代:17世紀における偉大な収集
 1.スペイン・ハプスブルク家とレオポルト1世
 2.フェルディナント・カールとティロルのコレクション
 3.レオポルト・ヴィルヘルム:芸術を愛したネーデルラント総督
4章 18世紀におけるハプスブルク家と帝室ギャラリー
5章 フランツ・ヨーゼフ1世の長き治世とオーストリア・ハンガリー二重帝国の終焉
国立西洋美術館のコレクションとハプスブルク家ゆかりの作品

コレクションの礎を築いた神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世(1459~1519)から、美術史美術館の建設者でもあるオーストリア・ハンガリー二重帝国「最後の皇帝」ことフランツ・ヨーゼフ1世(1830~1916)まで、時代ごとの蒐集の特色やコレクションに向けられたまなざしが浮き彫りにされます。

最後のコーナーは国立西洋美術館が所蔵するハプスブルク家にゆかりのある作品を展示するものです。

大公レオポルト・ヴィルヘルムが所蔵していたマンフレーディの《キリスト捕縛》、ルドルフ2世が銅版を所蔵していたデューラーの《アダムとエヴァ》などが紹介されます。

日本・オーストリア友好150周年記念
ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史
会期
 2019年(令和元年)10月19日(土)から2020年(令和2年)1月26日(日)まで
会場 国立西洋美術館

ベルンハルト・シュトリーゲルとその工房、あるいは工房作 《ローマ王としてのマクシミリアン1世》 1507/08年頃 油彩/板 ウィーン美術史美術館 Kunsthistorisches Museum, Wien 

《ハート形の容器》 中央アメリカ(メキシコ?)あるいはインド(グジャラート?)(容器)/イベリア半島(台)
16世紀(容器)/1580年頃(台) 鼈甲、銀 ウィーン美術史美術館 Kunsthistorisches Museum, Wien 

フランス・ライクス 《オーストリア大公フェルディナント・カールの肖像》 1648年頃 油彩/カンヴァス ウィーン美術史美術館 Kunsthistorisches Museum, Wien 

ティントレット 《甲冑をつけた男性の肖像》 1555年頃 油彩/カンヴァス ウィーン美術史美術館 Kunsthistorisches Museum, Wien 

マルティン・ファン・メイテンス(子) 《皇妃マリア・テレジアの肖像》 1745-50年頃 油彩/カンヴァス ウィーン美術史美術館 Kunsthistorisches Museum, Wien 

クロード・ビズアール 《フランツ・ヨーゼフ1世のフリントロック式ピストル》 1857年 鉄、鍍金、金象嵌、木材、イエローダイヤモンド、金糸と赤い絹糸の紐 ウィーン美術史美術館 Kunsthistorisches Museum, Wien 


これらの画像写真につきましては無断転載が禁じられています。ご遠慮ください。




■■■■ 「ハプスブルク展」招待券プレゼント■■■■


「ハプスブルク展」の開催を記念して、国立西洋美術館で使用できる招待券をMedia & Communication読者の5組10名様にプレゼントいたします。

以下のフォームより、お名前、メールアドレス、ご住所をお書きになり、ご応募ください。

締め切りは、2019年10月18日24時です。

※Media & Communication のプライバシー・ポリシーはこちらをご覧ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号・ご住所 (必須)

本サイトの「ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史」の記事へは、どのような経路で来ましたか?(例:検索エンジン、ツイッター、フェイスブック、本サイトの関連記事、他サイトのリンク など) (任意)

「ハプスブルク展 600年にわたる帝国コレクションの歴史」への思いなどがありましたら、お書き下さい (任意)

アートやアート鑑賞に対する悩み・疑問がありましたら、お書き下さい (任意。お送りいただいた場合、当サイト編集部の蓬田・宮川が可能な限り対応いたします。(^_^) )

アートで“幸せ”になった体験がありましたら教えて下さい(例:ルノワールの作品を見ると若いときの気持ちを思いだして元気になる、ミュージアムショップで買ったかわいい小物を仕事場に飾っていると仕事がはかどる気がする、など) (任意)

1+
Tags:
Posted in アート | Comments Closed

Related Posts