アート / クリエイティブ

Posted on 2020-02-20
ミニチュアライフ展史上最大級の規模 「ミニチュアライフ展 ー田中達也 見立ての世界ー」



SL(スシ・ロコモーティブ) © Tatsuya Tanaka 


日本初公開作品や神戸オリジナル写真作品など約160点
兵庫県立美術館ギャラリー棟3階で「ミニチュアライフ展ー田中達也見立ての世界ー」が開催されます(会期:2020年3月13日(金)~ 4月11日(土))。

ミニチュア写真家・田中達也さんは、日常のものを題材にして見立てた写真作品を2011年から一日も休むことなくインターネット上で発表しています。

クロワッサンが青空に浮かぶ雲に、ブロッコリーが大きな木に、プリンが南の島に・・・・・・。

その小さく独創的な見立ての世界は、思わずくすっと笑ってしまったり、さすが!と唸ってしまうような楽しいものばかり。

インスタグラムのフォロワーは海外を含め240万人を超え、2017年NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」のタイトルバックも担当しました。現在、旬なアーティストとして活躍の場を広げています。

本展では、日本初公開となる作品や、田中さんが本展のために制作した神戸オリジナルの写真作品など約160点を展示します。

これまで、国内外で展覧会を開催し、過去の来場者総数は約120万人に上ります。

今回は、国内の「ミニチュアライフ展」史上、最大級の規模での開催となります。
 
 
田中達也(たなか・たつや)
ミニチュア写真家、見立て作家。1981年熊本生まれ。2011年から日用品とジオラマ用人形をモチーフにして日常にある物を別のものに見立てたアート「MINIATURE CALENDAR」をインターネット上で発表。海外を含め人気を呼んでいます。
 
  
ミニチュアライフ展 ー田中達也 見立ての世界ー
会期
 2020年(令和2年)3 月 13 日(金)~ 4 月 11 日(土) まで
休館日 月曜
会場 兵庫県立美術館ギャラリー棟3階
入場料 一般1100円、中高生800円、小学生500円 ※前売り料金は各100円引き
   
 

ブロッコリー1本分のサバンナ ©Tatsuya Tanaka 


 

地球は甘かった ©Tatsuya Tanaka 


  
 




0
Tags:
Posted in アート, クリエイティブ | Comments Closed

Related Posts