アート

Posted on 2020-03-05
【招待券プレゼント】「ボストン美術館展 芸術×力」《吉備大臣入唐絵巻》と《平治物語絵巻 三条殿夜討巻》が里帰り



《孔雀図》 増山雪斎 江戸時代、享和元年(1801) Museum of Fine Arts, Boston, Fenollosa-Weld Collection 

古今東西の権力者たちに関わる作品を紹介
2020年(令和2年)4月16日(木)から7月5日(日)まで、東京・上野公園の東京都美術館で「ボストン美術館展 芸術×力」が開催されます。

設立150周年を迎えるボストン美術館が、その記念すべき年に日本で、世界有数の幅の広さと質の高いコレクションの中から「芸術と力」に焦点を当てた作品を展示するものです。

構成は次のとおりです。

chapter1 姿を見せる、力を示す
chapter2 聖なる世界
chapter3 宮廷のくらし
chapter4 貢ぐ、与える
chapter5 たしなむ、はぐくむ

エジプトのファラオ、ヨーロッパの王侯貴族、日本の天皇、大名など、古今東西の権力者たちに関わる作品が紹介されます。

彼らが時に政治や外交に利用し、時に愛で、時に自らがたしなみ育んだ美術品など、その数はおよそ60点。半数以上は日本初公開です。

今回の見どころのひとつは、海を渡った二大絵巻、《吉備大臣入唐絵巻》と《平治物語絵巻 三条殿夜討巻》が揃って里帰りを果たすことです。

《吉備大臣入唐絵巻》は、奈良時代に活躍した学者・政治家である吉備真備の活躍を描いた絵巻物。

ストーリーは、遣唐使として海を渡った真備が、唐の皇帝の使者によって高楼に幽閉されますが、かつて遣唐使として唐に渡ってそのまま同地で亡くなった阿倍仲麻呂の亡霊が鬼となって現れ、彼の力を借りながら難題を次々に解決していくというものです。

4巻からなり、前期(4月16日(木)〜5月24日(日))に第一巻と第二巻、後期(5月26日(火)〜7月5日(日))に第三巻と第四巻が展示されます。

《平治物語絵巻 三条殿夜討巻》は、平安時代末期の上皇派と天皇派の対立を背景に起こった平治の乱をテーマに、緊迫する戦いの様子を描き、合戦絵巻の最高傑作のひとつに数えられています。

いずれも日本に残されていれば、国宝に指定されたと考えられており、「幻の国宝」とも呼ばれています。

増山雪斎の《孔雀図》も初めて里帰りします。雪斎(本名は正賢)は江戸時代中期に伊勢長島藩(現在の三重県桑名市長島町)を治めた文人大名です。《孔雀図》は雪斎が数多く取り組んだ画題でした。

彼の代表作と言える質の高さを誇る本作品が、このたびの展覧会のために修復されて日本初公開されます。

さらには、元ファーストレディのアクセサリーや宝石、ナポレオンの最初の妻ジョセフィーヌ所縁の磁器など女性達に愛された作品も展示されます。

なお、本展覧会は福岡市美術館、神戸市立博物館で巡回開催されます。
 
  
ボストン美術館展 芸術×力(げいじゅつとちから)
会期
 2020年(令和2年)4月16日(木)から7月5日(日)まで
※4月16日(木)~24日(金)に限り、一部の作品の写真撮影ができます
休館日 月曜日
※ただし、5月4日(月・祝)、6月29日(月)は開室
会場 東京都美術館
観覧料 一般1600円(1400円)、大学生・専門学校生1300円(1100円)、高校生800円(600円)、65歳以上1000円(800円)、中学生以下無料
※(  )内は20人以上の団体料金および前売料金
※5/20(水)、6/17(水)はシルバーデーにより65歳以上の方は無料。当日は混雑が予想されます

〈巡回情報〉
福岡展(福岡市美術館/2020年7月18日(土)~10月4日(日))
神戸展(神戸市立博物館/2020年10月24日(土)~2021年1月17日(日)) 
 
 

《メアリー王女、チャールズ1世の娘》 アンソニー・ヴァン・ダイク 1637年頃 Museum of Fine Arts, Boston, Given in memory of Governor Alvan T. Fuller by the Fuller Foundation 

《平治物語絵巻 三条殿夜討巻》(部分) 鎌倉時代、13世紀後半 Museum of Fine Arts, Boston, Fenollosa-Weld Collection 

《吉備大臣入唐絵巻》(第三巻の部分) 平安時代後期~鎌倉時代初期、12世紀末 Museum of Fine Arts, Boston, William Sturgis Bigelow Collection, by exchange 

上下:《平皿(「マルメゾン城の植物のセルヴィス」より)》 セーヴル磁器製作所 フランス、1803~1804年 Museum of Fine Arts, Boston, Gift of Mr. and Mrs. Henry R. Kravis 

 

《ギター(キタラ・バッテンテ)》 ヤーコポ・モスカ・カヴェリ イタリア、1725年 Museum of Fine Arts, Boston, Frank B. Bemis Fund and funds donated by William and Deborah Elfers, an anonymous donor, Weston Associates, Leo and Gabriella Beranek, Catherine and Paul Buttenwieser, Richard S. Milstein, Esq., Mrs. Robert B. Newman, and Marlowe and Elise Sigal 


All photographs © Museum of Fine Arts, Boston  
 
   




■■■■ 「ボストン美術館展 芸術×力」招待券プレゼント■■■■


「ボストン美術館展 芸術×力」の開催を記念して、M&Cの読者の中から5組10名様に東京都美術館で観覧できるチケットをプレゼントいたします。

以下のフォームより、お名前、メールアドレス、ご住所をお書きになり、ご応募ください。

締め切りは、2020年4月15日24時です。

※Media & Communication のプライバシー・ポリシーはこちらをご覧ください。
 

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号・ご住所 (必須)

「ボストン美術館展 芸術×力」の記事へは、どのような経路で来ましたか?(例:検索エンジン、ツイッター、フェイスブック、本サイトの関連記事、他サイトのリンク など) (任意)

「ボストン美術館展」への思いなどがありましたら、お書き下さい (任意)

アートやアート鑑賞に対する悩み・疑問がありましたら、お書き下さい (任意)

なぜアートを見るのですか?(例:非日常的な空間が好きだから、元気がもらえるから、気持ちがリセットできるから、など) (任意)

2+

Related Posts