アート / 歴史

Posted on 2022-07-26
【招待券プレゼント】東京国立博物館創立150年記念 特別展「国宝 東京国立博物館のすべて」



国宝 洛中洛外図屛風(舟木本)(右隻) 岩佐又兵衛筆、江戸時代・17世紀、東京国立博物館蔵、展示期間:11月15日~12月11日 


国宝 洛中洛外図屛風(舟木本)(左隻) 岩佐又兵衛筆、江戸時代・17世紀、東京国立博物館蔵、展示期間:11月15日~12月11日 


 
所蔵国宝89点をすべて公開!
東京国立博物館は令和四年(2022年)、創立150年を迎えました。

創立150年を記念して、特別展「国宝 東京国立博物館のすべて」が、2022年10月18日から12月11日まで、同館の平成館で開催されます。

明治五年の発足以来、日本でもっとも長い歴史をもつ博物館として、かけがえのない文化財の保存と公開という命題を両立させながら、日本の文化を未来へ、そして世界へ伝えていく役割を果たしてきました。

150年の間に積み重ねられた約12万件という膨大な所蔵品の中から、国宝89件すべてを含む名品と、明治から令和にいたる150年の歩みを物語る関連資料を通して、東京国立博物館の全貌を紹介します。

展示は「第1部 東京国立博物館の国宝」と「第2部 東京国立博物館の150年」の2部構成。150周年にちなみ、1部、2部あわせて150点を紹介します。

東京国立博物館が所蔵する国宝89件すべてを展示するのは、150年の歴史上初めての奇跡的なこと。

誰も見たことがない、メモリアルイヤーにふさわしい展示が実現します(会期中展示替えあり)。

東京国立博物館が所蔵する国宝の刀剣19件を、ひとつの展示室でまとめて展示。

見どころである刃文や地鉄の美をじっくり鑑賞できるようデザインした展示空間「国宝刀剣の間」で、日本刀の魅力にどっぷり没入できます!

第1部 東京国立博物館の国宝
現在、国宝に指定されている美術工芸品は全国に902件あります。

東京国立博物館ではその約1割となる89件を所蔵し、日本最大の国宝コレクションを誇ります。第1部では、この国宝89件すべてを会期中に公開します。

第2部 東京国立博物館の150年
東京国立博物館は、150年という日本でもっとも長い歴史を持つ博物館です。

第2部では明治から令和にいたる150年の歩みを3期に分け、それぞれの時代に収蔵された作品や関連資料を通して東京国立博物館のこれまでと現在、そしてこれからを展望します。

第1章 1872-1885 博物館の誕生
第2章 1886-1946 皇室と博物館
第3章 1947-2022 新たな博物館へ
  
 
東京国立博物館創立150年記念 特別展「国宝 東京国立博物館のすべて」
会場 東京国立博物館 平成館
会期 2022年(令和四年)10月18日(火)から12月11日(日)まで
※会期中、一部作品の展示替えを行います。
※開館時間、休館日、入館方法、観覧料金等の情報は確定次第、展覧会公式サイトでお知らせします。
※展示作品、会期、展示期間、休館日等については、今後の諸事情により変更する場合があります。最新情報は展覧会公式サイトでご確認ください。
展覧会公式サイト https://tohaku150th.jp/
 

国宝 秋冬山水図(秋景) 
雪舟等楊筆、室町時代・15~16世紀、東京国立博物館蔵、展示期間:10月18日~11月13日 


 

国宝 秋冬山水図(冬景) 
雪舟等楊筆、室町時代・15~16世紀、東京国立博物館蔵、展示期間:10月18日~11月13日 


  

国宝 埴輪 挂甲の武人 群馬県太田市飯塚町出土、古墳時代・6世紀、東京国立博物館蔵 


 

国宝 太刀 銘 三条(名物 三日月宗近) 
平安時代・10~12世紀、東京国立博物館蔵 渡邊誠一郎氏寄贈 


 




 

■■■■東京国立博物館創立150年記念 特別展「国宝 東京国立博物館のすべて」招待券プレゼント■■■■


東京国立博物館創立150年記念 特別展「国宝 東京国立博物館のすべて」の開催を記念して、M&Cの読者の中から2組4名様にチケットをプレゼントいたします。

以下のフォームより、お名前、メールアドレス、ご住所をお書きになり、ご応募ください。

締め切りは、2022年10月17日24時です。

※M&Cのプライバシー・ポリシーはこちらをご覧ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

郵便番号・ご住所 (必須)

特別展「国宝 東京国立博物館のすべて」への思いなどがありましたら、お書き下さい (任意)

アートやアート鑑賞に対する悩み・疑問がありましたら、お書き下さい (任意)

美術展で作品鑑賞することについて、どんなところに魅力を感じていますか?(例:たくさん見られるところ、遠くに行かなくても名作が見られるところ、など) (任意)

 

1+
Tags:
Posted in アート, 歴史 | Comments Closed

Related Posts