アート

Posted on 2020-02-05
国立新美術館長に逢坂恵理子氏が就任



逢坂恵理子氏 撮影:鈴木理策 

国立新美術館長に、2019年(令和元年)10月1日付で、逢坂恵理子(おおさか えりこ)氏が就任しました。2020年3月までは、横浜美術館館長と兼務します。

<逢坂恵理子プロフィール>
東京都生まれ。学習院大学文学部哲学科卒業、専攻芸術学。国際交流基金、ICA名古屋を経て、1994年より水戸芸術館現代美術センター主任学芸員。1997年より2006年まで同センター芸術監督。2007年より2009年1月まで森美術館 アーティスティック・ディレクター。2009年4月より2020年3月まで横浜美術館館長。2019年10月より国立新美術館長に就任。

1999年第3回アジア・パシフィック・トリエンナーレで日本部門コーキュレーター、2001年第49回ヴェニス・ビエンナーレで日本館コミッショナー、2011年第4回から2020年第7回の横浜トリエンナーレにおいて、総合ディレクター、横浜トリエンナーレ組織委員会委員長、コ・ディレクター、横浜トリエンナーレ組織委員会副委員長など、多くの現代美術国際展を手掛ける。




0
Tags:
Posted in アート | Comments Closed

Related Posts