アート

Posted on 2020-12-16
「写真家ドアノー/音楽/パリ」



ロベール・ドアノー 《流しのピエレット・ドリオン》 パリ 1953年2月 ゼラチン・シルバー・プリント ©Atelier Robert Doisneau/Contact 


Bunkamura ザ・ミュージアム(東京・渋谷)で「写真家ドアノー/音楽/パリ」が2021年(令和三年)2月5日~3月31日の会期で開催されます。

ロベール・ドアノー(1912(明治四十五・大正元)年~1994(平成六)年)は、フランスの国民的写真家です。パリを舞台に多くの傑作を生みだし、いまなお世界中で愛され続けています。

本展は、パリの街角にあふれるシャンソンやジャズなど様々な音楽シーンを題材に1930年代から90年代にかけて撮影された、ドアノー独自の音楽的感覚に富んだ作品約200点で構成されます。

2018年末から2019年春にかけて、フランス・パリ19区にあるフィルハーモニー・ド・パリ内の音楽博物館で開催され大好評を博した展覧会をもとに、日本向けに再構成したものです。

会場は8章で構成されます。

第1章 街角
第2章 歌手
第3章 ビストロ、キャバレー
第4章 ジャズとロマ音楽
第5章 スタジオ
第6章 オペラ
第7章 モーリス・バケ
第8章 80-90年代
 
 
写真家ドアノー/音楽/パリ
会期 2021年(令和3年)2月5日(金)~3月31日(水)まで ※会期中無休
会場 Bunkamura ザ・ミュージアム
入館料 当日一般1500円、大・高校生700円、中・小学生400円、前売は一般のみ1300円
入場方法 2021/3/20(土・祝)・21(日)・27(土)・28(日)の4日間に限り、オンラインによる入場日時予約が必要です。以下のサイトをご覧ください。
https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/21_doisneau/topics/nichiji.html
公式サイト https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/21_doisneau/ 
 
 

ロベール・ドアノー 《サン=ジェルマン=デ=プレのジュリエット・グレコ》 1947年 ゼラチン・シルバー・プリント ©Atelier Robert Doisneau/Contact 


 

ロベール・ドアノー 《音楽好きの肉屋》パリ 1953年2月 ゼラチン・シルバー・プリント ©Atelier Robert Doisneau/Contact 


 

ロベール・ドアノー 《「トスカ」録音中のマリア・カラス、パテ・マルコーニ・レコードのスタジオにて》 1963年5月8日 ゼラチン・シルバー・プリント ©Atelier Robert Doisneau/Contact 


 

ロベール・ドアノー 《雨の中のチェロ》 1957年 ゼラチン・シルバー・プリント ©Atelier Robert Doisneau/Contact 


 

ロベール・ドアノー 《ロベール・ドアノーのセルフポートレート》ヴィルジュイフ 1949年 ゼラチン・シルバー・プリント ©Atelier Robert Doisneau/Contact 

 
    
 
     




■■■■たくさんのご応募ありがとうございました。締め切りました。「写真家ドアノー/音楽/パリ」招待券プレゼント■■■■


「写真家ドアノー/音楽/パリ」の開催を記念して、M&Cの読者の中から5組10名様にチケットをプレゼントいたします。

以下のフォームより、お名前、メールアドレス、ご住所をお書きになり、ご応募ください。

締め切りは、2021年2月2日24時です。

※Media & Communication のプライバシー・ポリシーはこちらをご覧ください。
 

0
Tags:
Posted in アート | Comments Closed

Related Posts