アート

Posted on 2021-04-07
いま最も見るべき絵師たち 加島美術で省亭・暁斎・是真の展示販売会



 

 
近年再評価の機運が著しい絵師たち
2021年(令和三年)4月24日(土)から5月5日(水・祝)まで、東京・京橋の画廊、加島美術で、企画展「省亭・暁斎・是真~パリ・フィラデルフィア万博、海を越えた明治の日本美術~」が開催されます。

近年、再評価の機運が著しい明治時代の三人の日本画家・渡邊省亭、河鍋暁斎、柴田是真にフォーカスした展示販売会です。

19世紀末、欧米諸国を中心に急速に国際化が進み、各国がその文明の栄華を競い合った万国博覧会が盛り上がりを見せます。

新しい文化の息吹は産業の世界のみならず、美術の世界にも起こり、それまでにない美術の潮流が数多く生まれました。

そんな華やかな舞台で、世界を驚かせた日本美術の巨匠たちがいました。

渡邊省亭、河鍋暁斎、柴田是真です。

その類まれな美的感覚と表現力は海を越え、当時欧米諸国で盛んに開催された万国博覧会という大舞台でも、賞賛を集めました。

また彼らは、近年特に再評価の機運が著しい絵師たちでもあります。

ジャポニズムの熱狂を背景として欧米を席捲し、華々しい功績を残しながらも、抗えぬ時代のうねりの中で“近代日本美術史の本流”とされた官製の美術史から、長い間忘れ去られていたのです。

しかし時は流れ、今またかつての輝きを完全に取り戻しつつあります。

今最も見るべき日本美術ともいえる絵師たちの作品が一堂に集まります。

出展点数は約40点。観覧無料です。
  
   
省亭・暁斎・是真~パリ・フィラデルフィア万博、海を越えた明治の日本美術~
会期 2021年(令和三年)4月24日(土)から5月5日(水・祝)まで ※会期中無休
会場 加島美術(東京都中央区京橋3-3-2)
開館時間 午前10時~午後6時
入場料 無料
公式サイト https://www.kashima-arts.co.jp/exhibitions/seitei_kyosai_zeshin / 
 
 
           




0
Tags:
Posted in アート | Comments Closed

Related Posts