アート

Posted on 2021-09-07
ゴッホ展 世界最大の個人コレクションを紹介



フィンセント・ファン・ゴッホ 《夜のプロヴァンスの田舎道》 1890年5月12-15日頃 油彩、カンヴァス 90.6×72cm クレラー=ミュラー美術館蔵  ©Kröller-Müller Museum, Otterlo, The Netherlands 


初期から晩年までの画業をたどる
フィンセント・ファン・ゴッホ(1853年~1890年)の芸術に魅了され、世界最大の個人収集家となったヘレーネ・クレラー=ミュラー(1869年~1939年)のコレクションを紹介する展覧会が、東京、福岡、名古屋の3会場で開催されます。

ヘレーネは、ファン・ゴッホがまだ評価の途上にあった1908年からおよそ20年間で、鉄鉱業と海運業で財をなした夫アントンとともに90点を超える油彩画と、約180点の素描・版画を収集しました。

宗教的ともいえる情熱で創作活動に打ちこんだファン・ゴッホの芸術に、ヘレーネは深い精神性を見出し、その芸術は彼女の心の拠りどころとなりました。

そしてその感動を多くの人々と分かち合うべく、美術館(クレラー=ミュラー美術館)の設立に生涯にわたり情熱を注ぎました。

今回の展覧会では、クレラー=ミュラー美術館に収蔵されるヘレーネのコレクションに焦点を当てます。

ファン・ゴッホの初期から晩年までの画業をたどる油彩画28点と、素描・版画20点のほか、彼女の関心や収集傾向を明らかにするミレー、ルノワール、スーラ、ルドン、モンドリアンらの油彩画20点を展示します。

さらに、アムステルダムのファン・ゴッホ美術館からも、《黄色い家(通り)》を含むファン・ゴッホの油彩画4点が展示されます。

展示構成
1 芸術に魅せられて:ヘレーネ・クレラー=ミュラー、収集家、クレラー=ミュラー美術館の創立者
2 ヘレーネの愛した芸術家たち:写実主義からキュビスムまで
3 ファン・ゴッホを収集する
 3-1 素描家ファン・ゴッホ、オランダ時代
 3-2 画家ファン・ゴッホ、オランダ時代
 3-3 画家ファン・ゴッホ、フランス時代
   3-3-1 パリ
   3-3-2 アルル
   3-3-3 サン=レミとオーヴェール=シュル=オワーズ
4 ファン・ゴッホ美術館のファン・ゴッホ家コレクション:オランダにあるもう一つの素晴らしいコレクション

ゴッホ展──響きあう魂 ヘレーネとフィンセント
東京展  
会場 東京都美術館 
会期 2021年(令和三年)9月18日(土)から12月12日(日)まで
※日時指定予約制です。詳細は公式サイト(https://gogh-2021.jp)をご覧ください。
お問い合わせ 050-5541-8600(ハローダイヤル)
 
福岡展  
会場 福岡市美術館 
会期 2021年(令和三年)12月23日(木)から2022年(令和四年)2月13日(日)まで
 
名古屋展  
会場 名古屋市美術館 
会期 2022年(令和四年)2月23日(水・祝)から4月10日(日)まで

 
 

フィンセント・ファン・ゴッホ 《森のはずれ》 1883年8-9月 油彩、カンヴァス 33.8×48.5cm
クレラー=ミュラー美術館蔵 ©Kröller-Müller Museum, Otterlo, The Netherlands 


 

フィンセント・ファン・ゴッホ 《サン=レミの療養院の庭》 1889年5月 油彩、カンヴァス 91.5×72cm クレラー=ミュラー美術館蔵 ©Kröller-Müller Museum, Otterlo, The Netherlands 


 

フィンセント・ファン・ゴッホ 《黄色い家(通り)》 1888年9月 油彩、カンヴァス 72×91.5cm
ファン・ゴッホ美術館(フィンセント・ファン・ゴッホ財団)蔵 ©Van Gogh Museum, Amsterdam(Vincent van Gogh Foundation) 


 

ヘレーネ・クレラー=ミュラー
©Kröller-Müller Museum, Otterlo, The Netherlands 


 
   
        




1+
Tags:
Posted in アート | Comments Closed

Related Posts