アート

Posted on 2015-12-13
2016新春 東京都美術館で「書」の2展覧会 



東京都美術館で2016年新春、書の展覧会が2件開催されます。ひとつは「TOKYO 書 2016 公募団体の今」で、1月4日から16日までの会期で、関東に拠点を置く書の公募団体から、次代を担う書作家38名が出品します。

もうひとつは「コレクション展 感じる漢字-西川寧・青山杉雨・手島右卿を中心に」で、1月4日から23日まで開催。東京都美術館のコレクションから漢字を取り上げ構成される展覧会です。同館では「美術としての書、すなわち“感じる書”を探求し、現代の書のあり方を追求した、漢字書の現代的展開の奇蹟を鑑賞してほしい」とコメントしています。

TOKYO 書 2016 公募団体の今
会場 東京都美術館
会期 2016年(平成28年)1月4日(月)から1月16日(土)まで
観覧料 一般500円、団体(20名以上)400円、65歳以上300円、学生以下無料

コレクション展 感じる漢字-西川寧・青山杉雨・手島右卿を中心に
会場 東京都美術館
会期 2016年(平成28年)1月4日(月)から1月23日(土)まで
観覧料 無料




0
Tags:
Posted in アート | Comments Closed

Related Posts