アート / 作品紹介

Posted on 2019-06-28
夏の絵画といえばこれ! アルチンボルドの四季『夏』


 


皇帝マクシミリアン2世に贈られた絵画
イタリアの画家ジュゼッペ・アルチンボルドの『四季』はその名前のとおり、それぞれの季節の4作品で構成されています。

季節の野菜や植物を使って人物を表現したこれらの作品は、自然科学に興味を抱いていた神聖ローマ帝国の皇帝マクシミリアン2世に対し、贈り物として描かれたものです。

この『夏』のモデルは熟年の女性と考えられています。使用されている食材は、ニンジンやナスにトウモロコシなどで、特にトウモロコシは当時アメリカから伝わってきた珍しい野菜です。

ナスはインド原産で、この絵が描かれた16世紀のヨーロッパでは、やはり珍しい野菜のひとつです。頬には桃、鼻にはズッキーニと、西洋美術らしい食材も見受けられます。

『四季』の4作品は現在、別々の美術館に収蔵されており、『夏』は『冬』とともに、ウィーンの美術史美術館に収蔵されています。




0
Tags:
Posted in アート, 作品紹介 | Comments Closed

Related Posts