アート

Posted on 2020-02-16
台風第19号で被災 佐野市立吉澤記念美術館が再開 「創る女たち」展を開催中



 

戦前から約80年間の女性作家たちに焦点 
令和元年(2019年)の台風第19号で被災し休館していた佐野市立吉澤記念美術館が再開し、令和2年2月8日から「創る女たち」展を開催中です(3月15日まで)。

台風第19号では佐野市全域におよぶ被害があり、同美術館も被災しましたが、作品および展示収蔵機能は無事でした。敷地内の復旧作業のため、2月7日まで休館していました。

展覧会は、本来2019年10月19日~12月15日の日程で開催する予定だったものです。内容は、栃木県立美術館所蔵の女性作家による作品で構成。戦前から活動を始めて戦後に活躍の場を広げた桂ゆきをはじめ、国際的な評価を確立した田中敦子、若い世代である福田美蘭に至るまで、約80年にわたる作品を展示しています。

また、県内女性作家の先駆者・武藤玲子、画家である夫を支える傍ら誰にも知られずに幻想的な作品を描き続けた関谷富貴など、栃木県ゆかりの女性作家にも注目しています。

同展は、被災した人たちの一日も早い復興を祈り、「元気な佐野市へ!佐野市復興プロジェクト」の一環として開催しています。

創る女たち
アートリンクとちぎ2019・元気な佐野市へ!佐野市復興プロジェクト
―栃木県立美術館所蔵女性作家セレクション―
会期
 2020年(令和2年)2月8日(土)から3月15日(日)まで
休館日 月曜日(2月24日は開館)、祝日の翌日(2月12日、2月25日)
観覧料 一般520円(470円)、大学生以下無料
( )内は20名以上の団体料金
 
 




0
Tags:
Posted in アート | Comments Closed

Related Posts