アート / コラム

Posted on 2020-07-18
アート鑑賞 ウッチェロの《聖ゲオルギウスと竜》



 



こんにちは
宮川です。

今回も、アート作品をご一緒に鑑賞して参りましょう!

初期ルネサンス期のイタリアの画家パオロ・ウッチェロ《聖ゲオルギウスと竜》です。

1470年頃に制作された油彩画です。

騎士がいて、竜がいて、お姫様がいて、このシーンはまるでRPGゲームのラスボス対決みたいです。

甲冑に身を包んだ騎士が鉄腕アトムみたいでカッコイイ。

お姫様は首が長くて色白美人。

竜は羽根の部分に水玉みたいな模様があるし。

これが500年以上前の作品?!古さを感じさせません。

キリスト教の聖人の『黄金伝説』で語られている、聖ゲオルギウスの竜殺しの伝説が描かれています。

簡単に言うと、こんな感じの伝説です。

王女様が竜の生け贄にされそうになる。

聖人ゲオルギウスがやってきて、神の助けもあって竜を倒す。

人々はキリスト教を信じるようになった。

作者のウッチェロは、絵画に遠近法を取り入れた画家のひとりです。

時間差のあるふたつつの場面(ゲオルギウスが竜を刺した場面と、王女が竜の首に縄をつけた場面)が一枚にまとまっていて、いまのわたしたちには変な感じがします。

空間は平面的というわけではなく、奥行きを感じます。

それが、古さを感じない理由のひとつかもしれません。

この作品は、ロンドンのナショナル・ギャラリーのコレクション。

東京・上野の国立西洋美術館で開催されている「ロンドン・ナショナル・ギャラリー展」に展示されています。

これからも素敵な作品を、ご一緒に鑑賞して参りましょう!
 
 
  




0
Tags:
Posted in アート, コラム | Comments Closed

Related Posts